【おわら浪漫】手に入りづらい!越中八尾のクラフトビールを飲んでみた




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、越中八尾の「おわら風の盆」をご存知ですか?

毎年全国からたくさんの人がやってきますが、そんな地になんとオリジナルのクラフトビールがあります。

それが「おわら浪漫」というのですが、県内の人でもなかなか購入できない代物を実際に飲んでみました!

目次


1. おわら浪漫
2. 購入場所
3. 買ってみた
4. 飲んでみた
5. まとめ


1. おわら浪漫

おわら浪漫は、全国第一号地ビールで有名なエチゴビールが製造するお酒です。

販売者は越中八尾麦酒株式会社となっており、うんまぁ富山の麦酒でいいでしょう。

種類は大きく4つあります。

・こしひかり
・スタウト
・レッドエール
・ピルスナー





2. 購入場所

わたしは富山駅前にあるCiC1階のお土産屋さんで購入しましたが、いつも置いてたわけではありません。

また八尾に行けば購入できるようですが、わざわざ県外の人が八尾に行くのも大変ですよね。

そのため、正直なかなか手に入りずらいビールだと思います。




3. 買ってみた

ということで今回は、スタウト、レッドエール、ピルスナーの3種類を購入することができました。

こしひかりというビールは瓶の形状も違うのですが売っておらず、泣く泣くの3種類となります。


製造元は新潟県にあるエチゴビール株式会社です。

あのエチゴビールさんがこんなことまでやっていたとは驚きですね。

でも販売者は、越中八尾麦酒株式会社なんです、つまり富山のビールといっていいじゃないですかね?いいよね?




4. 飲んでみた

ということで、左がピルスナーで右がスタウトです。

ピルスナーは定番のすっきりした味わいとなっており、スタウトはよくある黒ビールの味です。

今回は家で飲みましたが、おわら風の盆を見ながら飲んだら最高においしそう。


こちらはレッドエールで、フルーティな味わいとなっていました。

これはBBQとかにぴったりですね。

夏のお供に肉と一緒に飲みたいテイストです。


最終的には定番のピルスナーが一番飲みやすくてよかったです。

味の特徴は正直よくわかりませんでしたが、とにかくパッケージのレア感がいいですよね。

価格も500円と高いので、うん、雰囲気が高級でおいしく感じましたよ。




5. まとめ

ということで、なかなか見ることがない「おわら浪漫」を飲んでみました。

値段が高く手に入りにくいので、富山県民でもほとんどの方が飲んだことがないと思います。

もし見つけたらぜひ一度、手にとって飲んでみてはいかがでしょう。

関連記事一覧