【かまぼこチップス】文部科学大臣奨励賞!? すり身がさっくり大変身




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは『かまぼこチップス』という商品を見たことがありませんか?

わたしは全然意識していなかったのですが、なんか最近スーパーやお土産売り場でよく見かけるんですよね。

それで手に取ってみると『文部科学大臣奨励賞』を受賞している食べ物のようで、なにその賞。

あまりに気になったので、今回はこちらの商品についてレビューしてみたいと思います。

目次


1. かまぼこチップス
2. 販売場所
3. 食べてみた
4. まとめ





1. かまぼこチップス


画像引用 「新湊かまぼこ」より

かまぼこチップスは、富山名物の「かまぼこ」を利用した新しい商品です。

というのも、カマボコはかつてほどの消費量がなく、業界内では危機意識が高まっていました。

そこで新湊かまぼこと富山県立大学が立ち上がり、共同開発したのがこちらの商品です。

すり身に県産の米粉や富山湾の海洋深層水などを加えたスナック菓子で、さくさくした食感が幼児からお年寄りまで手軽に食べられるとして、注目を集めています。




2. 購入場所

こちらの商品は以前はネット通販でも購入できたのですが、今は買えなくなっています。

購入場所としては、富山駅前CiC1階や新湊かまぼこなどのお土産屋さん、もしくは大阪屋などの地元のスーパーでも販売されています。

価格は1個200円くらいでした。




3. 買ってみた

ということで、こちらの商品は文部科学大臣奨励賞も受賞しています。

だからなんだと言われれば、わたしはだんまりを決め込むしかありませんが、とにかくすごいのでしょう。

魚のすり身をさっくりとしたチップスにしたそうです。

原料の魚にこだわったと言いますが、すり身にされちゃうような魚にもこだわりがあるのだろうか。


中身を開けてみるとこんな形になっています。

ポテトチップスのような形状ではありませんね。

パッケージは全て綺麗な形状でしたが、出してみるとバキバキになったチップスが半分を占めています。

こりゃ持ち運ぶときにバキバキになるわ。


袋から出してみたときから感じていたのですが、めっちゃカマボコの香りがします。

ただ半分はポテトチップスの香りで、なんとも新しいな。

それでは食べてみましょう!


なるほど、味はカマボコをふんわりさせたスナックですね。

割と想像していた味のまんまでした。

普通のポテトチップスよりもフワフワしており、ただカマボコであるためクセがあるのかなぁと思います。

うん、これはマズくもなくめっちゃおいしくもない普通の味となっていました。




4. まとめ

ということで、こちらの商品は「うましお」だけでなく他にも「昆布味」「白えび味」などバリエーションも豊富になっています。

味としてはカマボコをチップスにしたということで、面白いので1度はぜひ食べてみてほしいですね。

関連記事一覧