【黒部峡谷パノラマ展望ツアー】未知の体験に驚きの連続だった!




ヘルメット姿で失礼します、代表のサンソンです。


いきなりの姿に、ついに工事現場配属されたかと思われた読者もいると思いますが違います。

県内中を遊びまわっている私が、「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」に行ってきました!


富山県内の人こそ是非参加して欲しいツアーになっていたので、紹介させていただきます。

これがマジでおすすめなので、その楽しさを思う存分見てってください!

目次


1. 黒部峡谷パノラマ展望ツアー
2. ツアー情報
3. 行ってきた
    3.1. 受付
    3.2. 宇奈月駅出発
    3.3. 欅平駅到着
    3.4. 竪坑エレベーター
    3.5. 上部トンネル
    3.6. 上部トンネル出口広場
    3.7. 登山道
    3.8. パノラマ展望台
    3.9. 再び欅平駅
    3.10. ただいま
4. まとめ





1. 黒部峡谷パノラマ展望ツアー


画像引用 「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」より

黒部峡谷パノラマ展望ツアーは、一般のお客様が普段立ち入ることのできない場所にいけるツアーです。

黒部峡谷トロッコ電車終点「欅平駅 けやきだいらえき」のその先、関西電力工事用区域内の「専用列車」「トンネル」「竪坑エレベーター」

そして、周辺の白馬鑓ヶ岳(はくばやりがたけ)、唐松岳などの北アルプスの山々を間近に展望できるルートを散策する特別企画なんです。

黒部峡谷パノラマ展望ツアー




2. ツアー情報

旅行代金

大人 6.000円
小学生(5.6年生) 4.000円
※参加は小学5年生以上、乗り物の乗降や登山道の歩行、団体行動に支障のない方が対象となります
※黒部市在住並びに、黒部市内の企業にお勤めの方は、大人 4.000円、小学生 2.000円の特別料金で参加できます!(羨ましい)

ツアー開催期間

2019年5月31日〜11月11日の金・土・日・月曜
※黒部市在住並びに、黒部市内の企業にお勤めの方のツアー設定日は、日程が限られるためこちらを参照

所要時間

約6時間

受付場所

黒部峡谷鉄道「宇奈月駅」2階 パノラマ展望ツアー受付

ツアー参加時の服装

黒部峡谷パノラマ展望ツアーは、トンネル内及び、登山道を約1.5㎞程歩きます。トレッキングシューズなど歩きやすく滑りにくい履物及び、歩きやすい服装でご参加ください。
※トレッキングシューズの有料レンタルも行っておりますが、数量に限りがありますので、お断りする場合があります。
※トロッコ電車は普通車(窓なし客車)、パノラマ展望台の標高は約800mとなります。暖かい服装にてご参加ください。

ツアースケジュール

1便から4便まであります。

当日に「便」を変更することは出来ません。尚、便の変更は3日前からキャンセル料が発生します。




3. 行ってきた

黒部峡谷鉄道宇奈月駅にやってきました。

団体客の集合写真撮影スポットでハイチーズ!

観光地などで写真を撮るときのオバ様の雰囲気を真似したオバショットもいい感じ!今日1日楽しむぞ〜!




3.1. 受付

まずは、宇奈月駅の2階にあるパノラマ展望ツアー受付に行きます。

身分証明ができる公的証明書(免許証・健康保険被保険者証・学生証など)が必要となるのでお忘れなく!


続いて、手荷物検査があります。

ナイフ・カッター・はさみ等の刃物類、キャンプ用ガス・カセットコンロ用ガス・スプレー缶等の高圧ガス類、シンナー・ライター用燃料等の引火性液体、殺虫剤等の毒物類の持ち込みが禁じられていますので、ご注意を!


参加証明書をいただいて、受付完了〜!

参加証明書は、ツアー参加者と一目で分かるように首から下げます。

この時配布されるチケット類がセットされているクリアファイルには、近隣の「セレネ美術館」の割引が付いています。帰りに寄ってこ!


受付完了したら、出発前の事前説明をスタッフの方から聞きます。

私のように真面目に聞きましょう。




3.2. 宇奈月駅出発

受付完了し、宇奈月駅発着のトロッコ電車に乗るまで時間があるので、駅の売店をのぞいてみましょう。

おいしそうなお菓子から、観光地によく存在するご当地タオルやキーホルダーを見て観光気分を徐々に高めていきます。

そして重要なポイント!

乗車前に必ずトイレを済ましておくこと!!!

トロッコ電車にトイレはないのです。欅平駅までは約80分間かかり、途中下車は出来ません。

膀胱に自信がある人も、出発前には必ずトイレをお済ませください!


宇奈月駅発着のトロッコ電車にいざ乗車!いよいよ旅の始まりです。

富山駅から車まで約1時間で来れる場所で、こんなに観光地気分味わえるだなんて最高〜!

ちなみに、取材に行ったのは7月の終わりのめちゃくちゃ暑い日だったのですが、トロッコの風は涼しくて気持ち良かった!

欅平行きのトロッコ電車でリラックス車両(窓付き車両)への変更を希望される場合、当日の空席があれば変更できます。各自1階の券買窓口が受付です(別途費用必要、ただし第3便には窓付き車両はありません。)


見てくださいよ、秘境黒部峡谷の素晴らしき景色。

目に映る美しき自然、肌で感じる心地良い風、壁ギリギリのトンネル内を走るスリル…

この時点で「来て良かった度100点」です。


駅の売店で買った「トロッコ電車に乗って」というクッキーを、トロッコ電車に乗りながら食べたいと思います!


はぁぁ〜おいち!

大自然の空気とともに食べると格別!

お弁当を買って食べてる方もいたので、ツアー参加時間によっては、トロッコ電車内で食事もおすすめです。




3.3. 欅平駅到着

欅平駅に着いたら、トロッコ電車から一旦下車します。案内人や登山道巡視員が出迎えてくれますので、指示にしたがって集合場所に行き、ヘルメットを受け取ります。

看板があるので、集合場所も分かりやすいです。


安全確保の観点から、ヘルメットを着用します。

ヘルメットをすると、なぜかキリッとした気分になるのは私だけでしょうか?


専用列車の出発までは約15分あります。トイレに行ったり、昭和10年頃から現在まで活躍しているこの凸型(トツガタ)の機関車とオバショット撮影したりして、時間を過ごします。

今から関西電力の専用鉄道に乗って、関係者以外は立ち入ることができない「未知の体験」ゾーンに突入します!

ワクワクドキドキ〜!







3.4. 竪坑エレベーター

専用列車を降りると、そこは外の光が一切入らないトンネルの世界。

この時のトンネル内の温度は17度で、少し肌寒いぐらいです。

取材日は、宇奈月駅で36度ぐらいあったので約20度も違うなんてスゴイ!


約200mの高低差を約2分で移動するこちらの竪坑エレベーターは、人のみ運ぶ場合は36名まで乗ることができるそうです!


竪坑エレベーターに乗り込み、200m上まで行ってきます!!!


乗り心地は意外と悪くないのです。もっと揺れたりするのかと思った!


あっという間に、竪坑展望台に着きました。眺め最高ー!

暗い場所から急に明るい場所に出てきたので、眩しくて笑顔も不自然になりがち。

竪坑展望台からは、国の特別天然記念物(天然保護区域)および特別名称に指定されている「奥鐘山」が目に飛び込んできます。また、欅平駅周辺からでは見ることのできない白馬鑓ケ岳などの山々も見られます。(天候によっては、見られない場合があります。)

ちなみに、この場所で「ヤッホー」と叫びましたが、こだまは返ってきませんでした。こだま休憩中だったのかしら?




3.5. 上部トンネル

黒部川第三発電所の水圧鉄管へ行くトンネルです。

レール横の歩行板を一列に約250m歩いて、出口広場に向かいます。


薄暗いトンネルに、ドキドキ!

トンネルの中から水滴が落ちてくることもありますが、驚かないでくださいね。




3.6. 上部トンネル出口広場

外の世界だー!明るいー!眩しいぜー!

天気が良ければ、上部トンネル広場から唐松岳や不帰瞼などの山が見れます。

すでに、素晴らしい眺めですが、登山道を登ると更に絶景に出会えるらしいのです。


この広場では、身軽に登山道を歩くため、手荷物を置いておくことができます。

案内人や登山道巡視員の注意事項の説明を聞いてからパノラマ展望台へ向けて出発します。

体力に自信のない方は、この場所で皆が戻るまでしばらく待機です。

体力に自信があるわけではないけど、せっかくだから行ってみようじゃないか!




3.7. 登山道

登山道は、そこまでの険しい道ではないですが、落ち葉や小石などで滑りやすくなっているので注意が必要です!

トレッキングシューズ履いてきてよかった〜!エッサホイサと進みます。


いや…あの…さっき“そこまでの険しい道ではない”とか言っちゃいましたが、日頃運動をしない食っちゃ寝生活の私は途中からヒーヒー言ってゴリラみたいな顔で歩いてました。

私以外の参加者みんな涼しい顔してたので、自分のポンコツっぷりを実感。




3.8. パノラマ展望台

上部トンネル出口広場から約370m先、標高差約50mのプチ登山を昇りきると、視界360度のパノラマ展望台に到着します。

それにしても息切れが半端ない。キメ顔作る余裕もない状態です。


でも、がんばって歩いたからこそ出会える景色が目の前に広がっているのを見たら、テンション上がってきました。

\自然最高ー!/

天候次第では、竪坑展望台や上部トンネル出口広場からでは見ることの出来なかった毛勝三山などの山々も見ることができる絶景スポット!

この黒部峡谷パノラマ展望ツアーに参加しなければ見ることのできない貴重な景色と、貴重な体験ができて本当によかった!

楽して見た景色と、少し苦労して見た景色、どちらが心に残るかと言ったら、もちろん後者ですよね。




3.9. 再び欅平駅

パノラマ展望台を見終えた後は、トンネルを歩き、竪坑エレベーターで降り、専用列車に乗って再び欅平駅に到着!

このツアーでは、宇奈月駅まで行くトロッコ電車の時間まで自由に過ごすことができます。

着いてすぐ、欅平駅の売店でソフトクリームも買いました。

ツアー参加特典として、ソフトクリームまたはコーヒーが200円で購入できるサービス券がもらえるので、それを使うといいよ!

体力使ったあとの甘いもの染みるわ〜!


お腹が空いていたので、こちらで岩魚と、山菜盛り合わせを買ってみました。

駅にも食堂がありますが15:00で営業終了なので、ツアーの4便の方は食堂が利用できないのでご注意を。


おいしいに決まってるー!!!

食べる前からおいしいって分かってしまうのは、空腹のせいなのか、ロケーションのせいなのか…。


プチ登山してきたせいか、ワイルドな気分だったので、岩魚をかぶりつきます。

塩加減、焼き加減、最高!!!

山菜もおいしいなぁ。家で食べるより、100倍おいしく感じてしまう。これぞ欅平マジック!


他にも足湯がありますが、基本15:00で終了なのでご注意を!

足湯、お湯すらなかった!笑




3.10. ただいま

指定時間になったので宇奈月駅までのトロッコ電車に乗り、無事に帰ってくることができました。

ちなみに帰りのトロッコ電車の中は、ちょうどいい疲労感と満腹感で爆睡してました。




4. まとめ

ということで、「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」に参加してきましたが、感動あり、ハラハラドキドキあり、苦労ありと、とても内容の濃い1日を過ごすことができました!

まさに、「未知の体験」ができるツアーでした。

実際に自分がツアーに参加してみて「是非、富山県民の皆さんにも参加して欲しい!!」と思いました。

県外や海外の観光客だけでなく、富山県民だからこそ富山の魅力を存分に味わって欲しいのです。

めっちゃ楽しかったし、今度はもう少し体力つけてから、秋の始まりあたりにまた行きたいなぁ〜。

ツアーの詳細や申し込みは、「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」をクリック!

黒部市在住の方又は在職の方とその家族はこちらをクリック!

更にマニアックなツアーに参加したい人には、「立山カルデラツアー」もおすすめです!

関連記事一覧