富山県内で唯一の明治期の学校建築はどれ?【とやまクイズ】




通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓

Q 富山県内で唯一の明治期の学校建築はどれ?【とやまクイズ】

a.浮田家住宅
b.福野高校巌浄閣
c.松桜閣
d.金岡邸





答. 福野高校巌浄閣


旧富山県立農学校本館・巖浄閣は、南砺市にある県内唯一の明治期の学校建築です。

緑で囲まれた校舎はコロニアル・スタイルの木造2階建てで、桜色の外壁は青く澄み渡った空に美しく映えます。

築100年以上もの歴史のある校舎は、どここかノスタルジックな雰囲気を漂わせ、足を踏み入れればまるでタイムスリップしたかのようです。

この校舎は地元の資産家で県会議員でもあった島巖(しまいわお)の強い思いで建てられました。

明治42年(1909年)には皇太子(大正天皇)の御座所になった由緒ある建物でもあり、中の展示室をはじめ建物の内装や造作から当時の様子を垣間見ることができます。




関連記事
とやまクイズとは?

関連記事一覧