【ひみ寒ぶり最速終了宣言】豊漁の予測もあったのに早すぎる結果に

どうも、編集長のサクラです。


富山を代表するブランド魚である『ひみ寒ぶり』ですが、氷見魚ブランド対策協議会が1月19日に、2018年度の「ひみ寒ぶり」出荷の終了を宣言しました。

2011年度にブランド制度を導入して以降、1月中旬の終了宣言は最も早いようです。(2015年の宣言なしを除く)

2018年の11月には、体重7キロを超える大型のブリは過去10年の平均漁獲量を1.6倍あまり上回ると予測されたのに、一体なぜでしょう。




どうやって終了を決めたの?

「ひみ寒ぶり」の出荷の終了は、どのように決められたのか。

これには漁業者や漁協、仲買人の代表でつくる判定委員会が協議し、安定した数量や品質といったブランドの基準を満たすのが厳しいとしての判断だそうです。




豊漁の予想は?

富山県水産研究所は2018年の11月に豊漁予測をしました。

豊漁予測の大きな要因は、今年の春から夏にかけて新潟と秋田でのブリの漁獲量が2000年以降最高を記録しているからです。

それらが南下してこの冬、富山や石川の定置網に入る可能性が高いといいます。

また、富山湾周辺の海水温も漁獲量が増える好条件を揃えているということです。

やはり自然界のことなので、予想がはずれることもあるんですね。
今シーズンのブリは豊漁予測!富山の寒ブリは2018年の今年が熱い




街の声






でもブリは食べれるよ

まぁ「ひみ寒ぶり」は終了してしまいましたが、普通に氷見で穫れるブリは食べられるので全然いいんですけどね。

むしろ安くなって地元民にとってはありがたいです。

あと、宣言のなかった2015年度に比べたらマシですよね。

終了宣言が出てもブリの水揚げは続くので、ぜひブリを食べてみてください。
【富山の寒ブリ】時期と旬 おいしい理由は?歌やブリ小僧など雑学も



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る