2018年に日本遺産に登録された富山の観光名所って?【とやまクイズ】




通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓


Q 2018年に日本遺産に登録された富山の観光名所って?

a.高岡市
b.北前船寄港地
c.井波
d.富山の薬





答. 宮大工の鑿一丁から生まれた木彫刻美術館・井波


井波は、富山県南西部の散居村で有名な砺波平野の南端に位置し、八乙女山の山麓に囲まれた歴史と自然ある町です。

1390年に本願寺5代門主綽如上人が、この地に瑞泉寺を建立されたことに始まり、以来、井波は瑞泉寺の門前町として栄えてきました。

また、瑞泉寺再建を発した「井波彫刻」は、欄間・獅子頭・天神様などの伝統工芸品を生み出し、彫刻産業全国最大規模となりました。

そして、2018年に日本遺産に登録されました。
【彫刻の町 井波】日本遺産になった街でアートを探索してきた


関連記事
とやまクイズとは?

関連記事一覧