パートナー枠

フェイスブック

富山湾に棲む深海魚「ゲンゲ」って漢字でどう書く?【とやまクイズ】

通勤・通学途中に富山のことがもっと詳しくなれる【とやまクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓


Q 富山湾に棲む深海魚「ゲンゲ」って漢字でどう書く?

a.紫雲英
b.下ん下
c.沼田鰻
d.幻魚





答. 幻魚


ゲンゲは富山湾の深海魚なのですが、実は30年ほど前までは網や魚たちを傷つける魚として漁師から嫌われており、グロテスクな顔つきも災いして漁師たちの間では「下の下(げのげ)」と呼ばれ、浜に打ち捨てられていたといいます。

そんなゲンゲですが、流通が速くなり、割烹や料亭で天ぷらや唐揚げとして提供し始めたことがキッカケで「下の下」が滅多に会うことの出来ない幻の魚「幻魚(ゲンゲ)」と呼ばれるようになったのです!

今でもマイナーな魚ですが、その表面がプルプルとしたゼラチン質で覆われており、これが「コラーゲン」だと判明してから幻魚の知名度も上がってきました。

実際にスーパーで買ってみて料理をしてみた記事もありますので、ぜひみなさんもご家庭で食べてみてください。
【幻魚 ゲンゲ】富山湾に棲む深海魚はうまいのか?料理してみた


関連記事
とやまクイズとは?



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る