【美肌県グランプリ2018】前回1位の富山県は4位という結果に!




毎年、化粧品で有名なポーラが行なっている「ニッポン美肌県グランプリ」、全国のスキンチェックデータを分析した結果から日本一の「美肌県」を決定しています。

2017年は富山県がなんと1位でしたが、2018年は一体どうなったのでしょうか?






POLA美肌県グランプリとは

POLA美肌県グランプリは、株式会社ポーラが毎年日本で1番美しい肌を持つ県をランキング形式にして発表しているもの。

ランキング結果は、1年間集めた女性の肌データを分析し県別に集計。

全8部門(肌がうるおっている、キメが整っている、毛穴が目立たない、シワができにくい、くすみがない、シミができにくい、ニキビができにくい、マイクロダスト※2に強い)の合計値から偏差値を算出し、総合順位を決定しています。

ポーラは1989年より29年間にわたり、日本全国47都道府県の約1,750万件の女性の肌データを見続けてきました。

南北に長い日本列島に住む日本人の肌は、住んでいる地域の気象環境、ライフスタイルや体調によって受ける影響が違います。

「美しくなるためには、まず、自分の肌が置かれている環境を知ることが大切。」そのことを、多くの方に知ってもらうきっかけになればと、47都道府県別に分析した結果をランキングとして毎年発表しています。




2018年の美肌県ランキング


画像引用 「POLA美肌県グランプリ2018」より

とりあえず、ホームページのトップを見てみると、1位が島根県でした。

島根出身の鷹の爪団の吉田くんも歓喜です。




そして、2位が秋田県。3位が石川県となっています。

去年1位だった富山県は4位以下となります。果たして今年の順位は…。



画像引用 「POLA美肌県グランプリ2018」より


富山県は4位でした!



去年が1位だっただけに、少し残念ですね。

まぁ4位でもかなり上位な方なので、富山県民の方は自信を持っていいのではないでしょうか?

またポーラからのアドバイスとして、以下のようなコメントがありました。

富山県は年間を通して気温が低く、冷暖房を使うことが多いので、肌冷えや乾燥を起こしやすい環境です。

冷暖房を使用するときは室内が乾燥しないよう心がけましょう。また、肌のうるおいを逃がさないように、クリームの使用もおすすめです。






過去の富山県の順位

ちなみに過去の富山県の順位は以下のようになっています。

2018年-4位
2017年-1位
2016年-8位
2015年-5位
2014年-4位
2013年-4位
2012年-22位

年々上がっているように見えますが、変動もしていますね。




4位の理由は?

今年は4位ということで、ポーラからの正式コメントはありませんでしたが、去年までの理由から富山県が上位の理由をまとめてみました。


・年間降水量が多かった

・血行が良かった

・幸福度ランキングが上位だった



どうやら1降水量が多いことは、肌のうるおいにプラスになるようです。

また生活習慣や体調の調査で、「肩や首がこりにくい」と回答している人が多かったことから、血行の良い人が多く美肌作り貢献したのではないかとも分析されています。。

最後は毎年出ているのですが、やはり富山県は幸福度ランキングで常に上位なので心身ともに満たされていることが美肌につながったようですね。
【本当はすごい富山県】数字でわかる素敵な事実を9つ紹介します!




まとめ

ということで、普段はあまり肌に注目していなかった人もこういうニュースがあると少し興味が出ますよね。

ポーラのアドバイスとしては美肌を守るためには、紫外線を防ぎ肌が冷えないように外出寺はストールなどで顔を守るのが良いそうです。

ぜひいつまでも若い肌でいるために、日頃から肌の手入れをしていきましょう。

美肌県グランプリ2018

関連記事一覧