【コロナ転職】富山でも人材募集を開始!このまま今の仕事でいいの?




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、新型コロナウイルスによって仕事や生活に大きな影響がありましたか?

もしかしたら「今のままでは仕事がまずい」「せっかくの機会だから転職しようかな」と思っている人も多いでしょう。

実際に世の中には「コロナ転職」というワードが出るくらい危機感を持っている人がいるということです。

しかしいざ「転職しよう」「転職活動を始めよう」と考えている方も急な変化で不安を感じているかと思います。

そこで今回は、転職を取り巻く状況やどのようにすれば転職できるかなど、富山県を中心に紹介したいと思います。

気軽にどのような転職先があるか知りたい方はこちら
リクナビNEXT『会員登録』で無料で情報をゲット


目次


1. 転職市場はどう変わった?
2. 転職活動はどう変わる?
3. 富山県の現状は?
4. まとめ

転職市場はどう変わった?

新型コロナウイルスの影響で、転職市場がどのように変化したのでしょうか?

不景気になると採用が少なくはなるのですが、採用自体がすべて止まっているということはありません。

むしろ業種によっては求人をより多く出している企業もあります。

しかし、新型コロナウイルスの影響はどこまで続くかわからず、今後の経済活動は非常に不透明となっており、収束したとしても景況感が以前と比較し横ばいであり続けることは難しいでしょう。

そんな中、今日ある求人が明日あるとも限らないですし、逆に急を要するニーズが発生する可能性もあります。

そのため転職を検討している人は、景況感を把握し今まで以上にこまめに最新の求人をチェックしておくことが重要です。

気軽にどのような転職先があるか知りたい方はこちら
リクナビNEXT『会員登録』で今すぐ情報をゲット




転職活動はどう変わる?

もちろん転職活動の方法も変わってきます。

一番大きな変化は面接かと思います。

今までは対面での面接が大半を占めていましたが、リモートワークや在宅勤務を導入している企業も増えたため、電話やオンラインでの面接が増えてきています。

そのため地方から東京へ、また東京から地方へ就業を希望する人は、今まで参加しづらかった面接も受けやすい環境になっています。


面接の方法
【従来】対面での面接
【今後】電話やオンライン上での面接

転職活動にかかる期間
【従来】平均で2~3カ月
【今後】3カ月以上に長期化する可能性がある

働く場所
【従来】オフィスワークや工場などが中心
【今後】リモートワーク・在宅勤務の可能性が増えている

求められる経験・スキル
【従来】売り手市場が続いていたため、ポテンシャルを重視した採用
【今後】より経験やスキルを重視する採用



富山県の状況

富山県でも全体の求人倍率は減少しているものの、一部の事業では就職を募集しています。

特に富山市は、新型コロナウイルスによる失業者等の雇用対策として、農林水産業への就職を支援する政策も出てきています。

密閉、密集、密接の「3密」になりにくい屋外での農作業などへの就職を支援するとともに、高齢化などによって担い手不足となっている農林水産業への新たな人材を確保し、農林水産業の活性化を図ることを目的となっています。

むしろこの機会に「3密」になりにくい新たな仕事に就けるチャンスでもあります。





まとめ

新型コロナウイルスの影響で、社会は急な変化を余儀なくされています。

生活の仕方が変化している中、改めて自分の仕事が合っているかを考え直しす機会にもなっています。

しかし、人は何か変化がない限り、動き出せない生き物でもあります。

ぜひこの機会に、自問自答しながら未来へ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

またもし今すぐにでも転職したいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事一覧