【山元食道】八尾でおふくろの味が楽しめるランチを食べてきた




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、おわら風の盆で有名な八尾に来たならば、どこでご飯を食べますか?

もちろんいろんなご飯処がありますが、八尾といえば『山元食道』をおすすめします。

ランチは、金・土・日のみで、なかなか曜日が合わなかったのですが、今回やっと行くことができました。

目次

1. 山元食堂
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
5. まとめ





1. 山元食堂




山元食堂は、築100年以上の町屋を再生してできた食堂です。

元々は、JR八尾駅のそばにあった一軒のモツ鍋屋でしたが、2007年に閉店となってしまいました。

閉店を惜しむ声もしばらくあったため、あのモツ鍋屋の屋号そのままに「山元食道」が蘇りました。

山元食道の食道は、いわゆるモツの隠語、そして本質を求める食の道です。




2. 場所

住所
富山県富山市八尾町鏡町1000−10

電車の場合
JR高山本線にて約20分「越中八尾駅」下車、徒歩15分

車の場合
北陸自動車道富山I.C.から25分
北陸自動車道富山西I.C.から20分




3. 営業時間

昼 11:30~14:00
金・土・日のみランチ営業

夜 ご予約営業




4. 行ってきた




ということで、山元食道にやってきました。

築100年以上の町屋を改装し、モダンな雰囲気漂う店内となっています。

日本の古き良き情緒が溢れた八尾の町にピッタリな雰囲気のお店ですね。


こちらが「気まぐれランチ」

この日の気分は、カツ煮だったみたいです。気まぐれで、魚の料理の日もあるそうですよ。


お味のほうは…気まぐれさを感じさせないおいしさ。おふくろの味をコンセプトに作られているそうですが、まさにその通り。

ホッと出来る味です。他の日の気まぐれランチも食べてみたいなー。


こちらは「牛すじカレー」

気まぐれではないので、常にランチメニューにあると思います。

トロトロになるまで煮込まれて、おふくろの愛を感じちゃう。お母さんありがとう!




5. まとめ

ということで、山元食堂は、坂の町八尾の雰囲気をそのまま店内でも感じれるようなお店でした。

行く度に、魅力を発見できるお店「山元食堂」。週末ランチに八尾まで足を運んでみては、いかがでしょうか?

 

ADDRESS 富山県富山市八尾町鏡町100-10
TEL 076-455-2209
OPEN 【昼】11:30-14:00(金・土・日のみランチ営業)
【夜】ご予約営業
Parking あり

関連記事一覧