パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【カルメ CALMET】立山の隠れたカフェ&雑貨屋に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは立山町でオシャレなカフェに行こうと思ったらどこに行きますか?

多くの人は立山町なんかじゃなくて、富山市まで車で行ってしまうんでしょうがまぁ待ってください。

実は立山町にもオシャレでインスタ映えするようなカフェがあるんです!

ということで本日は、そんな立山町のカフェ『カルメ(CALMET)』について紹介したいと思います。

目次


1. CALMETとは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. ランチ
    4.3. コーヒーにもこだわり
    4.4. 雑貨も可愛い
5. まとめ





1. CALMETとは

CALMET(カルメ)は、立山町にあるDIYで作ったセンスのあるカフェです。

カフェだけでなく、雑貨スペースもあり、オーナーが海外の蚤の市などで選び抜いた、こだわりの品が揃っています。

ホームページやSNSはなく、マジで知る人ぞ知る隠れ家的カフェとなっています。

もちろん、インスタグラムで#CALMETなどで調べると出てきますが、そのような情報でしたここを知ることができないですね。




2. 場所

住所
富山県中新川郡立山町利田1311-10

電車の場合
富山地方鉄道「電鉄富山駅」から「越中三郷駅」下車、徒歩30分

車の場合
立山ICより車で10分
無料の駐車場が4台くらいあります。






3. 営業時間

営業時間
12:00~20:30 (L.O.20:00)
※1~3月は12:00~19:00

定休日
月曜日、火曜日
臨時休業などもあるかと思いますが、ホームページやSNSがないため電話にて確認してみてください。(076-464-2546)




4. 行ってきた

ということで「CALMET」にやってきました。。

外観は白色を基調とした、北欧のコンクリート作りの家って感じです。

ほんと富山って、唐突にオシャレなお店があるから気が置けない。

ただ一見して、何のお店なのかはわかりません。


店内に入ってオーナーにここがカフェかどうか聞いてみてようやくカフェだということがわかりました。

マジで隠れ家。

店内はコンクリートの床に白い壁のシンプルな空間となっていて、アンティーク雑貨と古びた家具がいい感じで置かれている。




4.1. メニュー

メニューは至ってシンプル。

お店のイメージがシンプルなので、ここはシンプルなのが正解ですね。洗練された機能美系のメニュー表です。

フードメニューは週替わりごはんとチキンカレーの2種類で、デザートにはフォンダンショコラや、自家製コンフィチュールを使ったドリンクなども用意してあります。




4.2. ランチ

ということで今回は、日替わりランチをいただくことにしました。

おーヘルシーそう!

彩りも鮮やかですし、味噌汁もなんだかすごいおいしい!

北欧っぽい空間で味噌汁という異文化の食材を食べるアンチテーゼ感がいいですね。




4.3. コーヒーにもこだわり

食後のコーヒーもいただきました。

おや?

よく見ると、この砂糖・・・


袋が縫い付けられている!?

これはCALMETのこだわりポイントを見つけちゃいました。

普通は、市販のコーヒーシュガーで済むところをあえての可愛いシュガー。通称カワシュガ

これは破るのがもったいない。

ということで、プレゼントの包装を綺麗にはずすように、糸を丁寧にほどいてやりました。




4.4. 雑貨も可愛い

雑貨はというと、優しいテイストのアパレル、食器、インテリアが揃っていました。

こちらには「ずっと大切に使い続けたいモノ」をテーマにセレクトされた多彩なアイテムが並んでおり、白い壁にコンクリートの床、アンティークの家具が醸しだす静かな空間は、1人で訪れるのにおすすめですね。

これは優しい雑貨たちです。




5. まとめ

DPP_1079

お店の細部まで、オーナーのこだわりを感じて、すごく居心地が良い。

自分の望み通りのお店にできたのだと思います。それくらい素晴らしい空間でした。

これは遠方から来ても損はしないでしょう。

ADDRESS 富山県中新川郡立山町利田1311-10
TEL 076-464-2546
OPEN 12:00~20:30
CLOSE 月・火曜日


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る