パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

雪の日に車のワイパーを立てる3つの理由とは?

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、冬になると車のワイパーを立てている風景を見ませんか?見ますよね?

わたしも富山(雪国)に来た頃は、その光景に驚いたものです。

友人に理由を聞いたところ「立ってない人生と立ってる人生どっちがいい?もちろん後者だろ。」と言われままま、その友人とは絶縁しました。

しかし、一体どんな理由があるのだろうか?


DPP_1855

せっかくなので実体験を元に考えてみようかと思いました。




とにかく寒い冬の日、車のフロントガラスは凍っていました。もちろんワイパーも一緒に。

車でワイパーを動かそうとしても動かずに、フロントガラスの雪もどけられません。

そのため思い切って手でワイパーを動かしてみたところ、バリバリと音を立ててワイパーが破壊されました。


・・・なるほどね。

ということで、わたしみたいな被害者を増やさないために雪の日に車のワイパーを立てる3つの理由をご紹介します。ちなみにワイパーのゴム代は1000円でした。




1. ワイパーのゴムが凍り付かないように


冬に気温が低下するとワイパーのゴムが車のガラスに凍り付き剥がれなくなります。

その状態でワイパーを動かそうとすると、ゴムの部分がバリバリとちぎれてしまうのです。あとゴムを痛めないようにするためでもあります。ゴムが痛むとワイパーの水はけが悪くなって雨の日とかストレス!

ワイパーのゴムの交換は安いですがめんどくさかった。




2. ワイパーが折れないように


先ほどと似た理由で、ワイパーが凍り付いて無理に動かそうとするとワイパーだけでなくワイパーを動かすための機構が壊れてしまうのです。

こうなってくるとワイパーごとの交換なので2000円くらいですが、機構ごと交換ならいくらなんだか・・・。さらにはなんだか心のどこかにポッカリ穴が空いたような気分になります。

ただ注意しておいてほしいのは、あまりに雪が多すぎると逆にワイパーを立ててると折れてしまうこともあるようです。




3. 雪かきをしやすくするため


雪が車の上に積もってしまうと前が見えませんし、どける必要があります。

しかしガラスの上の雪を除去するときに、ワイパーが邪魔でガリガリなっちゃうんですよね。

あとワイパーを立てている方が雪かきが楽になります。

DPP_1856

ということで、冬にワイパーを立てる理由がわかったでしょうか?

こうして考えてみると、ワイパーを立てることで節約できることは以下の通り。

・ゴムやその他部品の(資源)
・壊してしまったときの修理代(お金)
・出発前の雪降ろしの手間(時間)

ぜひみなさんも雪が降る時は、ワイパーを立ててみてください。


おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る