またまた経営譲渡!一体どうなってしまうんだ宇奈月温泉?




どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


黒部市宇奈月温泉のホテルが長引く不振で、老舗の経営が、また一つ経営を譲渡したらしい。

また始まってしまったか・・・。

IMG_0148

宇奈月グランドホテルが譲渡契約を結んだと発表した。

北陸新幹線開業まで約8カ月と迫る中、昨年から3件目の経営譲渡となり、観光のけん引役の再生が急務になっている。


黒部市によると、宇奈月温泉の昨年の入浴客数は30万6100人と、1990年の64万3700人から半減した。

こうした中、昨年1月に老舗旅館「延対寺荘」が民事再生法の適用を申請し、海栄館(愛知県)が支援。

ことし4月には、宇奈月ニューオータニホテルを所有・運営するニューオータニリゾート(東京都)がオリックス不動産(同)に経営を譲渡した。


今回の宇奈月グランドホテルを含め、宇奈月温泉では集客力のある旅館・ホテルばかりだ。


黒部・宇奈月温泉観光局の川端康夫代表理事は宇奈月のイメージへの影響を懸念しつつ

「県外資本の新しい手法で経営改善してもらいたい。観光局としても誘客プランを提案し、今まで以上に連携していきたい」と前向きに話した。

堀内黒部市長も「幅広いニーズに応える形での再出発に期待したい」と語った。

参照 「北日本新聞」


それにしても、これだけ経営不振になってしまっては、宇奈月温泉は本当にやばいと思う。

そもそもボロボロすぎるし、富山県民すら行かないからね。

新幹線が開通したからといって、お客さんが増えるとは思えないな。

関連記事一覧