カップルで行こう!恋愛パワースポットベスト7

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさん恋してますか?

スポンサードリンク

ぼくは、高校生のころ、好きな人の下駄箱に、

自分の名前の入ったラブレターが入っていた事件がありました。

「何の嫌がらせだ!」と思いましたがラブレターを入れたのは僕でした。


それからでしょうか?

家にすぐ帰って、ひたすらマインスイ―パを繰り返す日々を過ごしたのは。


彼は、何かを忘れたかったのでしょう。

富山の楽しいところ5

ぼくは、そんな年中発情期の富山県民のために

腹を立てつつも、強く握りしめた拳を押さえ

恋のパワースポットを7つ紹介したいと思います。




1.鯉恋の宮

DPP_0675

砺波市にある江戸時代の1816年から存在する鯉を奉る由緒あるパワースポット

それを鯉=恋とかけただけなのであるが・・・。


入口には「バージンロードな気分でお歩きください・・・❤」との文字。

男1人(ぼく)でそんなロードを歩かされるとは、鬼畜の所業です。

DPP_0682

てっぺんには、KOIの鐘なるものがある。

非常に高いところにあるので、吊り橋効果で恋愛成就です!




2.クロスランドタワー

DPP_1203

小矢部市にものすごく反り立っている立派なジョニーがいると聞きつけ、やってきました。

もうぼくは、反り立っているモノに目がないんですよ。

こんなド田舎に、堂々と反り立っている。


まさに、小矢部のジョニーであるが所以ですね!

DPP_1210

そんなクロスランドタワーの頂上には、恋人の聖地がある。

だいたい展望台には、こういうのがあるんだよなぁ。


こいつもまた、吊り橋効果だな。

景色も最高で、恋愛成就ですね!




3.有磯海SA(下り)

DPP_1632

魚津市の有磯海SA(下り線)にも、なぜか恋人の聖地があります。

ぼくも良くわかっていないのですが

なぜここに?


一旦、1人でベルを鳴らしてみました。

DPP_1630

カランカラン・・・。


夕日を背景に、悲しくべルは響き渡った。




すごい寂しい。

絶対に、2人以上で訪れましょう。




4.桜ヶ池クアガーデン

DPP_1987

南砺市の桜ヶ池クアガーデンまたは城端SA(ハイウェイオアシス)には

「ちょっとだけ幸せに鳴る鐘」

というものがある。


なんでちょっとだけなんだよ。

もっと壮大に幸せにしてくれよ。




ちょっと幸せ×100回鳴らす=壮大な幸せ

という安易な方程式で、100回鳴らしてやりました。

DPP_1988

桜ヶ池クアガーデンは、超オシャレなアミューズメントが盛りだくさん。

どれくらいオシャレかというと

ここが英国だと勘違いしてしまうくらいだ。


ぼくも危うく、自分が英国人だと勘違いするところでした。




5.射水神社

DPP_0264

高岡市にある射水神社は、言わずと知れた恋愛パワースポット!

えんむすび絵馬や結婚式にも大活躍。

そもそも神社ってだけでものすごいパワーが得られます。


ぼくも心なしか、ものすごく筋肉がついてきた気がします。

DPP_0265

さらに、春に咲く、この紅白の梅の木には、穴が開いており

角度によってはハート型に見える。

ぼくものぞいてみましたが


いびつなハートの形で、返って恋愛が成就しなさそうでした。




6.海王丸パーク

Exif_JPEG_PICTURE

射水市にある海王丸パークには、「幸せを呼ぶ」と乗船客の間で話題になっているベルがある。

由来は、大勢の船乗りが海を出る際


奥さん「あなた。必ず、帰ってきてね。」

旦那さん「いいともー。」


というやり取りの中で、恋愛パワーが宿ったのだろう。

DPP_2140

海王丸の誕生日が、バレンタインデーでもあることから

その日に、鐘を鳴らす男女のカップルも多いようだ。


2月とかまだ寒いのに。




7.まんだら遊苑

DPP_1908

立山町には、地獄体験ができるアミューズメントパーク「まんだら遊苑」


えっ?

これのどこが恋愛パワースポットだって?




もう、カップルなんて全員、別れちゃえばいいんですよ!

DPP_1911

だが、カップルで来ても、なかなか面白い地獄の遊園地だと思う。


まぁ、もっとも地獄からかけ離れたぼくだからこそ楽しめたのかもね。




いかがでしょうか。


だいたい、なんでぼくがみんなのために恋愛パワースポットを紹介しないといけないんだよ。

むしろ、みんながぼくに紹介しないといけない立場だよ!

おしまい。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る