• HOME
  • ブログ
  • PR
  • 富山移住する前にお試し移住【ためスモ】を移住デメリットと共に紹介するよ!

富山移住する前にお試し移住【ためスモ】を移住デメリットと共に紹介するよ!




みなさんこんにちは。
富士山のある静岡から立山連峰のある富山に移住して10年の金子です。

いやぁぁ〜10年いろいろありました。

『悩みなさそうだよね』ってよく言われるタイプの人間ですが、最初の頃は、自分が育った場所との違いに戸惑いまくり悩みまくりで病み気味でした…

私の場合は、自ら選んだ土地に移住したというものではなく、旦那さんの実家に戻るために連れてこられたという不本意移住だったというのもあり、下調べも不十分なまま来てしまったので、戸惑いや悩みが多かった気がします。

そんな私のようにならないで欲しいという思いで、地方移住、富山移住をお考えのみなさんに、ここで暮らすことのデメリットを簡潔にお伝えします。

そして、今は富山に本格移住する前にお試し移住ができる素晴らしいサービスがあるということも全国の方にお伝えしていきます。

ということで、まずはデメリットからいってみよう!



1. 車が必須

運転スキルに自信がなかったのでどこに行くのも車が必要なのはハードルが高かったです。

車が必須ということは、車の維持費がかかるということ…
今までかからなかった車の維持費が発生したのは地味に痛い…

移住前に公共交通機関が使える場所か、雪道運転をする必要があるかを知っておく必要があります。



2. 地域行事多い

田舎でスローライフに憧れる人もいますが、田舎ほど人の密度は少ないものの、人との付き合い方の密度は田舎ほど濃いです。
地域住民との交流は、移住後の生活を充実させるために必要不可欠と言っても過言ではありません。
ただ地方でも街中であれば、村八分的なものはあまりないと思います。



3. 求人が少ない

仕事の幅や給与面で都会と地方の差が大きいです。
仕事内容を選ばなければそれなりに求人も見つかりますが、市場が小さい地方では業種がかなり限られてきます。特に限界集落と呼ばれるような、地方の中でもさらに小規模な地域で就職先を探すのはなかなか過酷です。



4. 子供の教育の選択肢が少ない

子供の教育の選択肢が少ない習い事や部活の種類が少ないというのも実際に暮らしてみて感じました。

その反面自然体験などは沢山させてあげられるので、どちらがいいとは一概には言えませんが、色んな習い事を子供にさせてあげたいという方にはデメリットになり得ると思います。



5. 自分に合う土地かどうか分からない

ネットやテレビで見た情報だけでは、その土地が自分に合うかどうかはわからない!
旅行のような短期間滞在では本当の姿を見ることができないです。

私が初めて富山に来たのは星空がキレイな夏。
こんなキレイな星空が観れるなら…と思い移住しましたが、その後冬の日照不足により体とメンタルがやられました。

以上の経験から季節によって変化するものを事前に知っていれば移住への不安は減ると思います!

ということで今回は本格移住前に富山にお試し移住ができ、いろいろなことを事前に知れる【ためスモ】というサービスを紹介します


“カバンひとつで移住を体験”

地方の良さと利便性を兼ね備えた富山から、地方移住をお試しできます!


「ためスモ」は5つのサービスにより、富山県や地方への移住を検討されている方々へ快適なお試し移住体験を提供するサービスです。

ためスモ公式サイト



数日間から最長90日利用可能なシェアハウスやマンションに滞在しながら、その土地の色んなことを知れる!

家具家電付き、シェアカー利用可能なのでカバン一つでお試し移住もできる!

車の運転に自信がない人でも安心な、公共交通機関が利用しやすい富山の市街地にお試し移住!
富山県内ならば、約1時間ほどで海側、山側と行くことができます。


移住をもう少しカジュアルに!
移住の不安を少しでも軽くするために!

いきなり田舎に移住するのはハードルが高いので、まずはこのオタスモでお試し移住してみてくださいね!

みんなー富山で待っとっちぁ〜!!

ためスモ公式サイト

関連記事一覧