冬眠明けのクマに注意!富山の山は春も危険がいっぱいです




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、クマに出くわしたことはありますか?

東京の人なら「バカも休み休み言えよ」と思うかもしれませんが、富山県だとクマが出るのは割と珍しくありません。

特に春は、クマが冬眠(冬ごもり)から目覚めて食べ物を求めて活発に行動する季節です。

そのため、山菜取りやレジャーで山に出かける方は、常にクマと遭遇するものと考え対策をとりましょう。

春のクマから身を守るための注意事項

・朝夕は山中に入らない!
クマは朝夕に活発に動きます。

・グループで行動する!
山中では単独行動を避け、グループで声をかけあって活動し、クマに人の気配を伝えましょう。

・鈴、笛、ラジオなど音が出るものを携帯し、クマに自分の存在を知らせる!
クマは聴覚や嗅覚が人より優れているため人の接近を察知し、人を避けます。

・子グマを見たらそっと立ち去る!
近くには必ず母グマがいます。子グマがかわいいからといって近づくと、母グマは子グマの危険を感じて人を攻撃することがあります。

・山菜採りはほどほどに!
山菜はクマも好物です。山菜の多いところにはクマもいることが多いので、足跡や糞などを見つけたら引き返しましょう。

・不測の事態に備えて!
注意をしていてもクマと近距離で出遭う場合があります。ヘルメットを着用すると頭部の被害を軽減することが出来ます。


冬も危ないですが、春も山は危険がありますので、ぜひ注意してください。

関連記事一覧