もしもミルクボーイの漫才ネタ「富山県」があったなら




ツッコミ
「どうもミルクボーイです。お願いします。」
ボケ
「よろしくおねがいします。」
ツッコミ
「今、とろろ昆布をいただきましたけどもね。」
ボケ
「ありがとうございます。」
ツッコミ
「こんなんなんぼあってもいいですからね。ゆうとりますけれどね。」
ボケ
「うちのおかんがね、好きな都道府県があるらしいんやけど」
ツッコミ
「そうなんや。」
ボケ
「その名前を忘れたらしいねん。」
ツッコミ
「都道府県の名前忘れてまうってどうなってんねん。」
ボケ
「いろいろ聞くんやけどな、全然わからへんねん。」
ツッコミ
「ほんだら俺がね、おかんの好きな都道府県を一緒に考えてあげるから、どんな特徴言うてたかとか教えてみてよ。」


ボケ
「おかんが言うにはな、雪の壁と大きなダムがあるって言うてた。」
ツッコミ
「富山県やないかい?その特徴はもう完全に富山県やがな。すぐわかったよこんなもん。」
ボケ
「俺も富山県やと思てんけどな、おかんが言うには、ヤンキーばっかで毎日コンビニでたむろってる言うねん。」
ツッコミ
「ほな富山県と違うか!治安悪すぎてええわけないもんね。富山県はね真面目だけが売りの県やねん。あれは。富山県ってそういうもんやから。ほな富山県ちゃうがなそれ。もうちょっと詳しく教えてくれる?」


ボケ
「なんであんなに、塩っぱいラーメン食べるんかわからんらしい。」
ツッコミ
「富山県やないかい!富山ブラックラーメンはめちゃくちゃ塩っぱいんやから!でも俺はね、あれはもう味以外で勝負してるからやと睨んでるのよ。俺の目は騙されへんよ。俺の目騙したら大したもんや。で、あれよう聞いたらね、ご飯と一緒に食べるようなっとんねん!塩分と糖分の過剰摂取やねんから!富山県やそんなもんは!」
ボケ
「わかれへんねん、でも。」
ツッコミ
「何が分かれへんねん。」
ボケ
「俺も富山県やと思てんけどな、おかんが言うには、デートスポットがいっぱいあるっていうてた。」
ツッコミ
「ほな、富山県ちゃうやないかい!富山にデートスポットいっぱいあったらもっと若者を外で見るもんね!富山県はね、ファボーレとイオンモール高岡しかデートスポットないねん!初デートで行っても失敗しにくいから、みんなそこ行きよるねん。そういうカラクリやから!富山ちゃうがな。もうちょっとなんか言ってなかった?」


ボケ
「地震が全然こぉへんって言ってた。」
ツッコミ
「富山県やがな。地震が来ても立山さんに守られてるんや。あと台風もこおへんねん。富山県やそんなもん。」
ボケ
「わかれんへんねん。」
ツッコミ
「なんでわかれへんのそれで。」
ボケ
「俺も富山県や思てんけどな、おかんが言うには、みんなマンション暮らしでええって言っててん。」
ツッコミ
「ほな富山県ちゃうやないか!富山県民がマンションなんか買わへんのよ。富山県はね、20代から家を建てたいという煩悩の塊や!あれみんな煩悩にお金かけとんねん。富山県ちゃうがな。もうちょっとなんか言ってなかったか?」


ボケ
「メルヘンってまちがあるらしい。」
ツッコミ
「富山県や!富山県の小矢部市はなんか知らんけどメルヘンって呼ばれてるねんから!県外の人がバカにするもんなら、俺は動くよ、もう!富山県やん絶対!」
ボケ
「わからへんねん、でも。」
ツッコミ
「なんでわからへんのこれで。」
ボケ
「おかんが言うには、ジャンルでいうなら南国やって言うねん。」
ツッコミ
「ほな富山県ちゃうやないかい!ジャンルまったくわからんけど、南国だけではない!天気が悪くて太陽の光なんて全然見いひんからね!富山県ちゃうやないか。もうちょっとなんか言ってなかった?」


ボケ
「東京の人がどこにあるかわからんらしい。」
ツッコミ
「富山県やないか!富山県は金沢さんがあって初めて場所わかるから!浮かんでくるのは出っぱった能登半島だけ!服かけられそうな形状だけ!富山県にきまり!」
ボケ
「わからへん。」
ツッコミ
「わからへんことない!おかんの好きな都道府県は富山県!」
ボケ
「おかんがいうには富山県ではないっていうてた。」
ツッコミ
「ほな富山県ちゃうやないか!おかんが富山県ではないと言えば富山県ちゃうがな!」
ボケ
「そうやねん。」
ツッコミ
「先言えよ!俺が能登半島の真似してるときどう思てたん?」
ボケ
「申し訳ないなと思って。。」
ツッコミ
「ほんまにわかれへんがな、それどうなってんねん。」
ボケ
「おとんがいうには、大阪ちゃうかって。」
ツッコミ
「いや、絶対ちゃうやろ!」
ボケ
「もうええわ。どうもありがとうございました。」

関連記事一覧