【富山限定 白えび棒】うまい棒ではない!? むしろ味や食感は上だった




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、うまい棒が好きですか?

子どもなら誰しも1度は食べたことがあるであろう駄菓子で、1本10円という価格もすごいですよね。

それで富山県のお土産屋さんにも、そんな商品が置いてあって「ついに富山も『うまい棒』さんとコラボしたか」と思っていたら全くのオリジナル商品でした。

なら一体どんな味なのか、買ってみたので紹介したいと思います。

目次


1. 白えび棒
2. 購入場所
3. 食べてみた
4. まとめ


1. 白えび棒

白えび棒は、富山限定のサクっと食感・食べきりサイズのお菓子です。

富山県黒部市宇奈月温泉の企業が販売しており、白えびパウダーを使用しているのが特徴です。

見た目は完全にうまい棒ですが、その実態はいかに。




2. 購入場所

こちらの商品は、富山駅前のCiC1階にある『ととやま』で販売されていました。

ネットショップにもあるのですが、現在売り切れ中と意外と人気商品なんです。

価格は30本入りで864円となっていました。1本10円ではない。




3. 買ってみた

ということで、こちらが『富山限定 白えび棒』です。

パッケージはすごいオシャレですが、富山弁があるので少しダサくなります。

なんか富山のお土産って富山弁入れがちじゃないですか?


中身を見てみると、いろいろ入ってますね。

特に海鮮風味シーズニングが気になります。

これだけ工夫しているのなら、もしかしたら味もかなりおいしいのかも。


開けてみるとこんな感じです。

形状も少し変わっていますね、まぁ円柱型は一緒だけど。

袋も開けやすくて、手に持って食べることができますね。


なんとなくお皿にのせてみました。

多分ですが、お皿にのせるような人はほとんどいないでしょうが、おばあちゃんとかならのせそう。

それでは食べてみましょう!


あっ…。




カールっぽい!


普通のうまい棒と違って、身がしっかりと詰まっている感じで、味も普通にめっちゃおいしいやないか!

これなら1本20円以上でも頷けるかも、てかうまい棒より全然おいしい。




4. まとめ

ということで、本家を超える味という意外な結果が得られました。

まぁその分、値段が上乗せされていますが、全然お土産としてはアリですね!

ぜひ富山に来た際は買ってみんなにばらまいてみてください。

関連記事一覧