【千保川灯籠流し祭2019】歴史ある情緒あふれる夏の風物詩




高岡市の千保川で、伝統行事『千保川灯籠流し祭』が開催されます。

かつては暴れ川だった千保川。

洪水に悩まされたため、水の神様の祭りと水難犠牲者供養のため、1914年から灯籠流しを行っています。

有礒正八幡宮から祭神を迎え、空が暗くなり始めたころから、つぎつぎと大小数千個灯籠が流されます。

川のみなもを流れる幽玄の灯は、情緒あふれる夏の風物詩。先祖を敬い、感謝し、この思いを次代へ紡いでいくために、町内で作った約8,000個の灯籠を流します。




開催日

開催日
2019年8月16日(金)

開催時間
空が暗くなり始めたころ




場所

会場
千保川横田橋付近

住所
富山県高岡市千保川横田橋付近

車の場合
能越自動車道高岡ICから車で5分

電車の場合
あいの風とやま鉄道高岡駅から徒歩10分






まとめ

ということっで、幻想的で美しい光景が見られる高岡市のお祭りです。

ぜひこの機会に夏の夜長を感じてみてください。

関連記事一覧