富山県内大麻摘発が最高ペース!毎年増え続けて実は深刻問題

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、大麻で捕まった人をニュースで見たことがありますか?

最近だと元KAT-TUNの田口容疑者が使った事件が目新しいかと思います。

しかし「いや、富山県民にとっては馴染みがないし、どうせ東京とかの話でしょ?」と他人事になっていませんか?

実は、富山県内でも大麻事件の摘発が相次いでいて、5年前は大麻取締法違反での摘発は3人だったが、年々増加し、昨年は過去最多の9人となっています。




全国的に増加傾向

富山県にピックアップしましたが、全国でも増加傾向にあり、昨年は3578人と前年より570人も増えて過去最多となっています。

大麻取締法は使用の違法性が問われず、所持の摘発が多いとして「使っても罰せられないと考えるようになり、軽い気持ちで使う人が増えてしまっているのでは」と指摘されています。




若者に浸透

富山県内では、5年前に20代以下の摘発はありませんでしたが、毎年増え続けて昨年は8人となっています。

今年4月には大麻取締法違反(所持)の疑いで、県東部の女子高校生(当時19歳)を含む20歳以下の男女2人が逮捕されました。

警察の話では、大都市圏で入手して富山県内で使う例が確認されているそうです。




まとめ

ということで、富山県でも大麻は他人事ではないことがわかったかと思います。

大麻はインターネットなどで、有害性や依存性が低いという誤った情報が広まっており、県警はこれらが薬物乱用につながっている可能性があるとみて、危険性の啓発に力を入れています。

親御さんもぜひ注意してお子さんの行動を確認してみてください。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る