【食事がおいしい都道府県ランキング2018】富山は8位と少し順位を落とす

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは「食事がおいしい」場所というと、どの都道府県を思い浮かべるでしょうか?

旅の大きな楽しみといえば「食事」ですよね。

どんなに素晴らしい土地でも、食べ物がおいしくなければ、途端に旅のテンションも下がってしまうものです。

そんな中、ブランド総合研究所が調査を行った最新版「食事がおいしい都道府県&市区町村ランキング2018」が発表されました。

このランキングは、47都道府県を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる『地域ブランド調査2018』(ブランド総合研究所実施)によるもの。

調査対象は、全国の20~79歳までの男女3万24人。

それでは富山県は一体何位だったのでしょうか?

画像引用 「DIAMOND online」より

富山県は8位で、去年より3ランクダウンという結果になりました.

うーん、まぁまぁですかね。

そして1位は、“食の宝庫”のイメージも強い北海道となっていました。

やはりこのようなイメージは、地元にある独自の食材や食文化を再発見しブランド化することが重要です。

他の自治体のまねではない独自の取り組みの継続が、日本のみならず、世界中から注目を集める街づくりにつながるのかと思います。

【関連記事】
【富山の名物2019】ガチで選定した地元の名産品グルメまとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る