黒部開催の「ももクロ春の一大事」経済効果6億円以上!想定以上の結果に





画像引用 「ももクロ春の一大事」より

どうも、編集長のサクラです。


2019年の4月に黒部市で開催された人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のライブですが、かなりの盛り上がりを見せましたね。

それで黒部市が経済効果について試算した結果、なんと想定を大幅に上回る6億500万円以上だったことがわかりました。

ライブは2日間、黒部市の宮野運動公園で開かれ、どの動員人数は約3万1千人でした。




経済効果の内訳

そして、経済効果が6億500万円の内訳は以下の通り。

宿泊や飲食・物販 5500万円
工事関係や弁当などの受注 3500万円
公共交通やツアーバスなど 1億3950万円
テレビやインターネットなどのPR効果 約3億円
などなど

これは当初、市が想定していた3憶円以上を大幅に上回ったようです。

黒部市商工観光課は「地元の飲食や物販など様々なところで期待以上の効果があり、大変喜ばしい」としています。

【関連記事】
ももクロ春の一大事2019 in 黒部市のTwitter情報まとめ
【ももクロ 春の一大事】2019年は黒部で開催決定!詳細まとめ

関連記事一覧