【テイクアウトで食中毒】富山も梅雨入りし県が注意喚起!予防を徹底




新型コロナウイルスの影響でテイクアウトの需要が増えてきました。

しかしメリットがある反面、デメリットもあって、梅雨の時期は特に食中毒が発生しやすいとして県が注意喚起しています。

この時期は気温や湿度が高くなり細菌性の食中毒が発生しやすくなります。

特にテイクアウトでは、店内での飲食と比べて、調理から利用者が食べるまでの時間が長いため、食中毒のリスクが高まります。

利用者には、食品の温度管理に注意してできるだけ早めに食べるよう心がけてほしいとのことです。

一方、飲食店側には調理後から利用者が食べるまでの時間や保存の温度を想定してメニュー作りなどをしてほしいとしています。

関連記事一覧