北陸初の水素ステーションが富山市に!2020年3月開業予定




どうも、編集長のサクラです。


数年前に何かと話題となった水素と酸素を反応させて発電する燃料電池自動車。

この自動車に水素を供給する「水素ステーション」が来年春、富山市に整備される見通しとなったようです。

完成すれば北陸で初となります。




水素ステーションとは

水素ステーションは、水素と酸素を反応させて発電する燃料電池自動車に水素を供給する施設です。

水素を車両に供給するためのノズルを備えたディスペンサ、水素を蓄えておく水素タンク、また水素を適切な圧力に高めるための圧縮機などから構成されます。

水素ステーション開設はまだ4大都市圏が中心、地方でもインフラと利用の両面を増やし、全体的なコストを下げる好循環をつくる必要があります。

そこで富山県内には技術力の高いものづくり企業が集まっているため、地方創生の弾みにもなる予定です。




建設場所

富山市上冨居を予定しています。




開業予定

開業予定は2020年3月を目指しています。




まとめ

ということで、電気自動車がメインに思っていたのですが、燃料電池自動車もまだまだ開発中だったのですね。

北陸初の水素ステーションということで、今後はもっと増えていくのか潰れるのか注目です。

関連記事一覧