パートナー枠

フェイスブック

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通!準備大詰め

どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、富山県と言えば『立山黒部アルペンルート』ですよね。

「いやいや、富山と言えばブラックラーメンだろ!」という読者もいるかと思いますが、県外の人からすればもうアルペンルートなんです。

そんな北アルプス・立山連峰をトロリーバスやロープウェイなどさまざまな乗り物を乗り継いで横断する「立山黒部アルペンルート」ですが、2019年4月15日(月)に全線開通します!




急ピッチで進む除雪作業

15日に全線開通に向けて、準備が大詰めを迎えています。

除雪作業は1月28日に立山駅周辺でスタートし、雪の大谷は風の吹きだまりのためルート上で最も積雪が多い難所です。

ブルドーザーなどの重機が雪原にかんなをかけるように慎重に除雪しています。

今年は暖冬だったとはいえ、過去10年の平均の16.5メートルほどになるのでと期待を寄せています。






観光客数に期待

また立山黒部アルペンルートは、2018年にはおよそ98万1000人が訪れました。

このうち外国人観光客は26万6000人で、過去最多を更新しています。

年々増加傾向にあり、外国人観光客の誘致に成功している証拠ともいえ、今年も過去最多を更新できるか期待が膨らみます。




まとめ

ということで、今年は観光客100万人を目指せるか。

逆に富山県民は近過ぎて立山黒部アルペンルートに行ったことがない人もいるくらいですけどね。

わたしは実際に行ってきましたので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。
【立山黒部アルペンルート】損しない情報や実際に行ってみた感想まとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る