パートナー枠

フェイスブック

富山県ではしか感染!県内では10年ぶりに複数名確認で注意喚起

富山県で20代の女性が、はしかに感染したが発表されました。

はしかは極めて感染力が強いため、今後、患者が発生する可能性があるとして注意を呼びかけています。

また31日に新たに2人確認されたと発表しました。

特に、1歳未満のワクチンを打っていないお子さんや妊婦の方、10代、20代の方は注意してください。



画像引用 「News Release 富山県医師会」より

最初にはしかに感染したのは、高岡厚生センター管内の外国籍の20代の女性です。

この女性は、砺波厚生センター管内で宿泊研修をしていて、4月22日に発疹が出て、発熱して25日に医療機関を受診しました。

はしかの感染は、富山県内では2年ぶりに確認され、女性の行動範囲や接触した人の健康状況を調べていました

そして調査の結果、フィリピンではしかに感染した男性が入国後に発症し、女性2人にも感染した可能性が高いと見られています。

県内で複数のはしか患者が確認されたのは10年ぶりです。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る