パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【富山駅のチョコパイ騒動】実際に何があったのかまとめてみた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、2018年の11月5日に富山駅前でチョコパイ騒動があったことをご存知でしょうか?

話題となったツイートがこちら。

起きていた当日は、「なんかまた面白いこ、アホなことしてるなぁ」と思っていたのですが、全国ニュースとかにも取り上げられていたのでこれはそんなにすごい騒動だったのか気になってきました。

そこで、今回はこのチョコパイ騒動がどんな内容だったのかまとめてみました!




三角チョコパイとは


画像引用 「マクドナルド」より

三角チョコパイとは、マクドナルドで販売されている冬の定番スイーツです。

今年の冬は「三角チョコパイ 黒」と「三角チョコパイ 白」が期間限定で登場しており、確かにこれめっちゃおいしいんですよね。

値段も120円で、かなり安いです。


実際に三角チョコパイがどこで手に入るかというと普通にマクドナルドです。

調べてみると富山県内には何店舗もマクドナルドがあって、そんなに珍しいものでもないんですよね。

ただ学生からすると車でしか行けないようなところに多くて、あんまり行くことができない人が多いかも。




騒動となった人物とは

それで、この三角チョコパイを無料で配布しようというイベントが開催されました。

イベントの開催者はTwitterユーザーのおじまっくす(@ozimaa)さんという5,6人で活動しているグループです。

彼らは大学生で、インフルエンサーのような活動をしており、個人的には頭のいい人たちなのかと思っています。

そして、配布された三角チョコパイは合計1500個で総額18万円分!

実際に富山駅前での予告ツイートはこちら。

この1ツイートで騒動になるまで人を集めることができるとは、すごい影響力を持っています。




騒動となった場所

三角チョコパイが配布された場所は、富山駅前マリエの目の前でした。

いつもはこんなに人が少ない場所なのですが、今回のイベントでもどれくらいの人が集まったのでしょうか?




現場の様子

今回のイベントで、数百人もの学生たち、少なくとも700人以上は集まったようです。

インターネット上ではこの三角チョコパイ祭りについて「富山ほんま治安悪い」「チョコパイJKがゴミ散らかしてる」「富山駅前に人だかりと警察でワイワイしてる」「三角チョコパイ配って警察沙汰とかクソワロタ丸」などと話題となっていました。





フェンスが壊れて問題に

警察沙汰になったのも問題なのですが、フェンスが壊れて、誰が壊したのかわからないという問題も発生しています。

管理会社は、おじまっくすさんに請求を行なおうとしているのですが、おじまっくすさんは「わたしたちは破壊していない」とのことなのです。

この場合、一体誰が賠償責任となるのか?監視カメラとかなかったのかな?




富山国際大学が謝罪

また、配布した方が富山国際大学の学生だったことから、まさかの大学側も謝罪するということが起こりました。

富山国際大学は「学生の軽率な行為によって多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪のコメントを出しました。

生の行為について「人間性と社会性を重視する本学の教育方針に照らして不適切なものだ」として、フェンスの管理会社に謝罪するとともに、修繕費を学生たちに弁償させることを明らかにしました。




まとめ

ということで、富山県では珍しい騒動が全国放送されました。

インフルエンサーも一歩間違えれば、このようなネガティブな報道をされれるので、何かイベントを起こす際は気をつけないといけませんね。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る