パートナー枠

フェイスブック

万葉線のドラえもんトラムがプラレールに!地元の鉄道ファン歓喜


画像引用 「タカラトミー」より

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、高岡市と射水市を結ぶ路面電車があることをご存知ですか?

それが万葉線というのですが、高岡市が藤子・F・不二雄先生のふるさとであるため、ドラえもんが車内や天井にいっぱいいる路面電車『ドラえもんトラム』が走っています。

地元の人に愛されており、観光名所にもなっているのですが、なんとこのたびタカラトミーの大人気商品である鉄道玩具「プラレール」シリーズで商品化されることになりました!






ドラえもんトラムとは


画像引用 「万葉線」より

『ドラえもんトラム』は高岡市を走る万葉線の路面電車M LRV1000型に、ドラえもんをイメージした内装・外装をほどこしたものです。

ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏が富山県高岡市で生まれ少年時代を過ごしたことに由来します。

ベースカラーを青にし、ドラえもんの首輪、リボンを表わす赤いラインと黄色の鈴を加え、窓にはおなじみのキャラクターの線画が描かれています。






プラレールとは

鉄道玩具 「プラレール」 は、2019年に発売60周年を迎えるロングセラーの鉄道玩具です。

1959年に「プラレール」の原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上、身近な“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されています。

青いレールを自由につなげて線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせることが基本の遊び方です。

発売当時から現在まで、青いレールの規格は統一されており、現在では親子三世代にわたり親しまれています。

日本国内ではこれまでに、累計約1,430種類、1億6,500万個以上を販売しています(2018年3月末現在)。





発売日は?

2019年1月17日(木)から全国販売となります。

しかし、地元の先駆けとして、2018年12月19日(水)から高岡市で先行販売されます。

先行販売日時
2918年12月19日(水)
9:30~12:00

先行販売場所
高岡市美術館B1フロアー

販売個数
限定500個(お一人様3個まで)

12月19日(水)12:00~は、万葉線㈱本社、高岡駅2F富岡屋、ホテルニューオータニ高岡等で扱います。
※数に限りがございますので品切れすることがあります。




値段は?

メーカー希望小売価格2,400円(税抜)です。

調べてみたところ、すでにネットでも予約販売が始まっていました。





まとめ

ということで、ドラえもんトラムがプラレールに登場することで、地元の方は盛り上がっているようです。

まだまだ富山県にはご当地の鉄道がたくさんありますので、富山を盛り上げる意味でも商品化が進むといいですね。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る