【艶次郎 えんじろう】富山の居酒屋ならここに行くっきゃない




どうも、万年浮腫みライターのサンソンです。


富山の夜の遊び場!のお時間がやってまいりました。“夜の”ってつくだけでエロくなるのは何故でしょう。

決してエロを紹介したいわけではございませんのよ。(したいけど、それはまたいつか。)

富山の夜の町に繰り出したら、ここに行くべしっ!というお店をご紹介します。

食べログで予約

目次

1. 艶次郎とは
2. 場所
3. 営業時間
4. 行ってきた
    4.1. メニュー
    4.2. 名物マグロのネギマ
    4.3. 名物たまもと焼
    4.4 お刺身
    4.5 焼き魚
    4.6 艶次郎風すり身揚げ
    4.7 ご飯もの
5. まとめ





1. 艶次郎

「居酒屋 艶次郎 えんじろう」は、新湊・岩瀬・四方などの漁港で毎日買い付ける新鮮魚介を楽しめる隠れ家的居酒屋です。

板前が調理する創作和食料理は、豊富に取り揃えた富山の地酒との相性抜群!

富山県民のサラリーマンならぜひ行っておくべき場所ですね。




2. 場所

住所
富山県富山市桜町2-1-14 夜光城ビル2階

電車の場合
富山駅南口から徒歩5分

ビル名の「夜光城」も、店名の「艶」という字も、何だかすごくアダルトな感じで最高!




3. 営業時間

営業時間
17:00~24:00(L.O.23:30)

定休日
月曜日

新鮮な魚介類を扱う駅前の居酒屋で、日曜日に営業しているのは珍しいかもしれません。




4. 行ってきた

店内には、カウンター8席と小上がり10席があり、隠れ家的な雰囲気が漂っています。

今日は、ワイワイ騒ぎたい気分じゃなくて、しっぽりと飲みたい気分だったからドンピシャなお店に来れたー!




4.1 メニュー

手書きメニューです。この文字だけで、すでに美味しい気がする。

魅力的なメニューばかりで何を食べるか迷うー!

ちなみに、メニューは、その日の仕入れ状況などで変わることもあります。


富山の地酒が豊富に置いてあります。

県外からのお客さん連れてくるにもいい店かもしれませんね。




4.2. 名物マグロのネギマ

まずは、こちらをご紹介。

艶次郎名物「マグロのカブト肉のネギマ」

メニューに「名物」ってついてたらそりゃ頼むよね。

食感はふわとろで濃い目のたれがよく合い、最高の一品です。

書いてるそばからもう食べたい。毎日食べたい。毎日マグロのネギマが恋しい。




4.3. 名物たまもと焼

お次は、「名物たまもと焼」

こちらも名物とついています。

で和風出汁が効いたトロトロの餡の上にネギと鰹節が乗っている陶板を使った卵料理です。

アツアツの卵をハフハフして食べます。

和風出汁が優しい味付け〜。フワフワトロトロ優しい味って、食べる側を癒す気満々ですよね。




4.4. お刺身

艶次郎に来たら新鮮な海鮮もはずせません!

写真映えの為に、刺身盛り合わせを頼んだ方がいいと分かっていながらも、頼んだのは大好きな「アオリイカの刺身」

甘い!やわらかい!極上のイカの刺身が私の胃袋に舞い降りて来ました。




4.5. 焼き魚

お刺身も最高ですが、焼魚も是非食べてみていただきたい一品です。

秋刀魚の焼き加減が最高すぎて、お箸が止まりませんっ!

この焼き加減って、なかなか家じゃ出来ないんですよね。




4.6. 艶次郎風すり身揚げ

富山県民には馴染み深い「すり身揚げ」ですが、思ってたんと違うフォルムで登場した「艶次郎風すり身揚げ」
一瞬、え?トンカツ?と錯覚する勢いです。


中は豚でも牛でもなく、すり身です。

サクサクの衣を身にまとっているのが艶次郎のすり身揚げなんですね。

これを食べずには帰れないと思うほど、美味しくてインパクトのある一品です。




4.7. ご飯もの

〆のご飯ものメニューも充実しています。

この日は贅沢に「イクラ丼」でフィナーレを迎えました。

ここは夢の国でしょうか。はたまた竜宮城でしょうか。天に召されるレベルの美味しさです。




5. まとめ

「隠れ家」「穴場」という言葉がぴったりの雰囲気の居酒屋艶次郎。

何を食べても美味しく大満足できる艶次郎は、みんなに教えたいような、秘密にしておきたいような、特別感を感じるお店です。

人気店なので、事前予約をオススメします!

お仕事頑張って、また絶対に来よう。

食べログで予約

 

住所 富山県富山市桜町2-1-14 夜光城ビル2階
OPEN 17:00~24:00(L.O.23:30)
CLOSE 月曜日
TEL 076-441-0884

関連記事一覧