【ふくおかひなまつり2019】歴史ある江戸時代の雛人形を見てきた




どうも、編集長のサクラです。


3月3日といえば桃の節句『ひなまつり』の日ですね。

『ひなまつり』の起源は今から約1000年前の平安時代、けがれ払いとして人形を川に流すのが始まりでした。

それが今から約400年ほど前の江戸時代に女の子が生まれた際、子どもの一生が幸せなものとなるように、厄(わざわい)を人形に身代わりにするという風習が定着し、現在の形になったといわれています。

そこで今回は、富山県で『ひなまつり』が開催されるイベント『ふくおかひなまつり』に行ってきました。

目次

1. ふくおかひなまつり
2. 場所
3. 開催日
4. 行ってきた
5. まとめ





1. ふくおかひなまつり

ふくおかひなまつりは、高岡市福岡町中心市街地で開催されるイベントです。

「ひなまつり」の起源は今から約1000年前の平安時代、けがれ払いとして人形を川に流すのが始まりでした。

それが今から約400年ほど前の江戸時代に女の子が生まれた際、子どもの一生が幸せなものとなるように、厄(わざわい)を人形に託し身代わりにするという風習が定着し、現在の形になったといわれています。

福岡町内にある旧北陸街道沿いに立ち並ぶ、日本遺産の構成文化財にも認定された「菅笠問屋の町並み」を見て回りながら、歴史あるひな人形・段飾りを楽しめます。




2. 場所

住所
富山県高岡市福岡町

車の場合
能越自動車道福岡ICより車で6分
無料駐車場あり

電車の場合
あいの風とやま鉄道福岡駅より徒歩5分






3. 開催日


画像引用 「たかおか道しるべ」より

開催期間
2月23日(土)~3月3日(日)

時間
午前10時~午後4時




4. 行ってきた


※こちらからの写真は2018年で、今年のものではありません。

ということで、高岡市の福岡町にやってきました。

3月3日に富山県でちゃんとしたひな祭りをしているのはここだけじゃないのかな。(自分調べ)


おそらく多くの人は家で雛人形を飾り、ひなあられを食べながら、ちらし寿司やケーキを食べていることでしょう。

しかし、わたしの家には雛人形がないのでこの時点でわたしの家でのひなまつりは終了してしまっているのです。


そうしてまずやってきたのが島田邸

なにかわかりませんがすごい家っぽい雰囲気が出ています。

ちなみに、こちらのひなまつりはどこでも無料で入園可能なのでズカズカいきますよ。


そうして現れたのがこちら。




なんて晴れやかな。


窓からの日差しがちょうどよく、この香りと雰囲気、これこそがひな祭りなのです!


掛け軸すら雛祭り、いや雛人形か。

今までこんなに雛人形たちに囲まれたことがあっただろうか。

しかし、福岡町のひなまつりは島田邸だけではなく合計9カ所で雛人形が飾られているのでまだまだズカズカいきまよ。


続いてやってきたのが雅楽の館

こちらは江戸時代末期より継承されてきた市指定無形文化財「雅楽」の楽器や装束をいつもは展示しているのですが、雛人形に関してもものすごい古いものが飾られているというのだ。


まずはこちらの一般的な雛人形。

一般的と言っても昭和初期のものがあるなどかなり古いものが飾られている。

これだけでも雅なのだが、一番気になったのがこちら。


なんと江戸時代の雛人形!

こんな古いもの初めて見たし、なんだかオーラを感じます。

保存状態もよく、このシンメトリーの美しさ。顔はまぁその、アレですけどこりゃすごい。


今度は長安寺というお寺にも飾られているという。

お寺に雛人形があるなんて本格的な気がしませんか?しますよね。

赤いコーンがそれを物語っています。行ってみましょう。


これはまた清潔感あふれる雛人形になっていました。

もはや手本、雛人形の模範解答やで。

家でこれを飾るってなるとお金とか場所とか大変ですけど、こうしてお寺で綺麗なものを見ることができるのはいいですね。




5. まとめ

ということで、福岡町の『ふくおかひなまつり』

旧北陸道沿いの町並みを見て回りながら、歴史あるひな人形・段飾りを見ることができ、ほのぼのとした3月3日を迎えることができました。

ぜひみなさんもひな祭りを楽しみに行ってみてください。

     

ADDRESS 富山県高岡市福岡町市街地
TEL ほっとホット高岡
OPEN 午前10時~午後4時
期間 2月下旬〜3月3日付近まで
Parking あり

関連記事一覧