パートナー枠

フェイスブック

【光のアートウォール2018】アウトレット小矢部でスケートリンクも登場




どうも、編集長のサクラです。

秋も終わりに近づいてきましたが、このたび三井アウトレットパーク北陸小矢部で『光のアートウォール 2018』が今年も開催されます。

そこで今回はこのイベントがどのような内容なのかを紹介していきます。



目次

1. 光のアートウォール2018
2. 場所
3. 開催期間と時間
4. デジタル掛け軸点灯式
5. 鈴木明子さんトークショー
6. スケートリンク
7. まとめ





光のアートウォール2018


画像引用 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」より

光のアートウォール2018は、アウトレットパーク小矢部で開催される「幻想的な光の世界と、スケートリンクで冬を楽しむ」イベントです。

2017年は、フードマーケットやコンサート&パフォーマンスステージなどがありましたが、今年はさらにパワーアップしてスケートリンクも登場します!

樹脂製のスケートリンクと言えば、富山県ではグランドプラザのエコリンクが有名ですよね。
【エコリンク2018】今年も開催決定!気軽にスケートを楽しんできた

富山県には氷のスケート場もあるのですが、みんなそっちには行かないみたいですね。
【富山スケートセンター】富山県内で唯一のスケート場で滑ってきた

さらに点灯式にゲストが来たり、鈴木明子さんトークショー&スケート教室も開催されます。




場所


画像引用 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」より

住所
富山県小矢部市西中野972−1

車の場合
北陸自動車道→能越自動車道「福岡IC」より国道8号で7分

電車の場合
あいの風とやま鉄道「石動駅」からバスで約9分




開催期間と時間

デジタル掛け軸
11月23日(金・祝)〜12月25日(火)
日没〜21:00まで

スケートリンク
11月23日(金・祝)〜2019年1月6日(日)
12:00〜:20:00まで




デジタル掛け軸点灯式


画像引用 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」より

日時
11月23日(金・祝) 17:30〜

会場
西側や外イベントステージスケートリンク内

出演者
鈴木ちなみさん、長谷川章さん、ピカチュウ、メルギューくん、メルモモちゃん




スケートリンク


画像引用 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」より

場所
西側屋外イベントステージ付近

料金
平日:大人500円、小学生以下250円
土日祝:大人1,000円、小学生以下500円

※当日館内で10,000円(税込み)以上のお買い上げで滑走料金最大2,000円引き


会場はこんな感じでライトアップされています。

もはや遊園地みたいですね。富士急ハイランドとかこんな感じだったような気がします。


樹脂製のリンクには、あの初心者でも転ばないと言われるペンギンさんがいました。

さらに小さい子でもスケートできるように小さな柵があったので、子どもから大人まで楽しめるスケートリンクですね。




鈴木明子さんトークショー


画像引用 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」より

開催日
11月24日

トークショー
13:00、1F東口屋内イベントスペース
※観覧無料

スケート教室
①14:00 ②15:00
西側屋外イベントステージスケートリンク
※参加料無料
※各回30名様

当日10:00よりスケート教室の受付をするそうなので、希望の方は早めにスケートリンク特設会場で受付してください。




まとめ

ということで、光のアートウォールは富山県のあらたなイルミネーションスポットにもなりますし、アミューズメントパークにもなりますね。

おそらく今年は去年よりも力を入れているようなので、もっとすごい光のアートウォールになっているような気がします。

ぜひ富山県で遊ぶところに困ったら、三井アウトレット小矢部に行ってみてください。

【関連記事】
【富山のイルミネーション2018】クリスマスデートにも全16選まとめ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA

SAKURA創刊編集長

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
取材などでたまに顔出ししています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る