パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

富山と岐阜の奇跡の国道! 県境が7つもある珍スポット

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、「県境」という言葉をご存知でしょうか?

これは言葉のとおり、県と県の境目のことであり、カーナビでいうところの『富山県に入りました。』ってやつです。

そんな「県境」ですが、実は富山県には約3kmもの間に、7回も県境をまたぐ国道があるのだ!


画像引用 「NEWSポスト7」より

それが、こちらの国道156号線

岐阜県と富山県にある県境なのだが、蛇行して流れる庄川に沿って、7つもの橋を渡るのだ。

その際に、岐阜、富山、岐阜、富山、岐阜、富山、岐阜、富山と7回も行き来する。


わたしも一度、通ったことがあるのですが、カーナビがすごくうるさいんですよね。

ぜひ、みなさんも一度、この県境を体験してみてください。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る