平和を願って松村外次郎が作った!?第38回「銅像評論会」




dpp_2545

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


やってきたのは、富山駅。

新幹線開通とともに、かなり綺麗になりました。

DPP_0419

そして、富山駅から徒歩数分のCICビルに、謎の銅像モニュメントが存在するのだ。

それがこちら。

dpp_2542

・・・なんかおる。

しかも、すごい目立つな。

よくわかりませんが、近づいてみましょう。

dpp_2545

でかい。

でかすぎる。


普通に考えると、こんな場所にこんな大きなものを置くなんて、市税どうなってるんだ。

dpp_2546

ティンコもこのように潰れています。

やはり女性としては、ここは許せないポイント。

もっとしっかりティンコ作りなさい!

dpp_2547

サイドには、このようなパネル上の銅像があります。

全然、富山と関係なさそうだな。

dpp_2543

さらに、富山駅側には、こんなヴィクトリー感のある銅像。

dpp_2544

また、そのサイドにはパネルと、四角形の石柱にそれぞれ銅像がありました。

あと、このパネルなんて、電線みたいなのありますよね?

ちょっと時代背景がわからないし、現在の描写なの?

dpp_2541

タイトルは「平和群像」


家に帰ってから調べたところ、1949年に建てられたもので、終戦4周年(富山市制60周年も)を記念し、永遠の平和を願って作られた「平和の群像」という作品だそう。

作者は、富山県砺波出身の作家 松村外次郎。

何も駅前に置かなくても・・・。

美しさ ☆☆
芸術度 ☆☆☆
タイトル ☆☆
駅前に置かなくても度 ☆☆☆☆☆

富山県民は、待ち合わせの場所とかに利用するらしい。

次回もこうご期待!

関連記事一覧