富山市がロックフェラー財団100のレジリエント・シティに




どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


アメリカの慈善事業団体であるロックフェラー財団。

「100 のレジリエント・シティ」として、このたび、日本の都市で初めて富山市が選定されたらしい。


なんだそれ?

ロックフェラー財団て?


石油王となった大富豪のジョン・ロックフェラーは、1913年に設立した慈善団体である。

慈善団体ランキングでは世界最大規模であり、世界で最も影響力があるNGOの1つに数えられている。

2009年時点で、基金は330億ドルにのぼる。

Palais_Freiherr_Alfons_von_Rothschild

「100のレジリエント・シティ」ってなによ


「レジリエント・シティ」とは、災害や混乱などに耐え、可能な限り早急に回復し、より強靭になることを目指す都市である。

同財団では、2013 年から3ヵ年で、世界の 100 都市を「レジリエント・シティ」に選定し支援することとしており、2013 年は、ニューヨークやローマ、バンコクなど、32 都市が選定されたようだ。

そして、2014年に同財団がシンガポールで開催した「都市レジリエンスサミット」において、富山市をはじめ、ロンドンやパリなど 35 都市が選定されたというのだ!


なんかすごい都市たちの中に、富山市が入ってるなぁ。

DPP_0158

どんなメリットがあるん?


選定された都市には、ロックフェラー財団から、総合的なレジリエンス戦略構築のための支援や、戦略を実行するためのプラットフォームが紹介されるほか、レジリエント・シティ間のネットワークの活用により、有意義な情報が共有できるらしい。

つまり、より良い街にするために、ロックフェラー財団がお金をくれるのだ!

こんなラッキーなことはないですね。

例えるなら、ハローワークに行って、お金をもらいながら資格が取れるみたいな。




今後の取り組みって?


富山市は、今後、ちゃんと同財団から詳細を聞いて、レジリエンスを統括する体制づくりや、レジリエンス計画策定などの検討を進めていくらしい。

つまり、まだあまり具体的な内容はわからないようですね。




なんか知りませんが、臨時市長記者会見があったくらいなので、すごいことなのでしょう。

いろいろ頑張れ富山県!

関連記事一覧