パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【中田かかし祭2018】カオスすぎる!? 実際に見に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは案山子を見たことがありますでしょうか?

それは空から降ってきて、田畑にのみ見事に突き刺さる棒状のモノ。一体どこから降ってくるのか未だにわかっておらず、「ピラミッド・ナスカの地上絵・日本の案山子」と、世界の三大ミステリーとなっているほどです。

さてそんな案山子ですが、実は富山県の高岡市に案山子をたたえるお祭りがあるのです。

ということで本日は、そんな富山県の案山子のお祭り『中田かかし祭』について紹介していきたいと思います。

目次


1. 中田かかし祭とは
2. 会場
3. 開催期間
4. 行ってきた
5. まとめ





1. 中田かかし祭とは


画像引用 「中田地区コミュニティ協議会」より

中田かかし祭は、1983年から始まった富山県高岡市の中田地区で行なわれる祭です。

毎年、中田地区の活性化のイベントとして地域住民が協力して取り組んでおり、かかしコンクール、かかし音頭まち流し、フリーマーケット、ほたる茶店、屋台村等楽しいイベント満載です。

こちらの祭の特徴は、なんと言っても世相を反映した案山子が面白く、これを見に行くだけでも楽しいですよ。

もちろん、素朴な案山子やファンタージ溢れる案山子と、様々なモノがありますので今年はどんなかかしが並ぶのか見に行ってみましょう!






2. 会場

DPP_4154

会場は、中田地区の商店街・中田中央公園・アルビス中田店(旧アローショッピングセンター)となっています。

車の場合
能越自動車道高岡ICから車で10分
JR城端線戸出駅から車で10分
近くに臨時駐車場がありますので、係員の指示に従って駐車してください。






3. 開催期間

2018年の開催日は、9月23日(日)・24日(振休・月)となっています。

実は高岡市では、福岡町で『福岡町つくりもんまつり』も行なわれていて、同時開催となっています。
【つくりもんまつり】福岡町の歴史ある奇祭に行ってきた

開催時間は、10:00~18:00となっています。




4. 行ってきた


※こちらからの写真は以前に撮影したもので、2018年のものではありません。


ということで、そんな中田かかし祭にやってきました。

こちらは高岡市商工会中田支所ですね。

早速、たくさんの案山子が道路に並んでいましたが、こちらには公園が併設されているようでそちらにたくさんの案山子がありました。


DPP_4157

まず、中田の公園入口にあった案山子。

これは、明らかに人間離れした生物の案山子です。

ハゲた顔に、ミートボールが3つ。服は血の色で染められています。となりにいるおじさんも、どこか暴力的な笑顔です。

なんとなくですが、このおじさんを「ジェームズおじさん」と名付けました。


DPP_4156

お次は、手がミイラ化しているおじさん。

今にも「水!」と言いたげな口元ですね。これは森林伐採による砂漠化した未来の人間の姿なのか。しかも、この案山子には問題も付いています。


DPP_4158

今度は、地面に横たわっている案山子がいました。

和やかな雰囲気が、突然のバイオレンスな案山子に絶句する会場。世の中には、わからない方がよいミステリーがあるのかもしれません。


DPP_4159

見渡す限りの案山子たち。

もはや会場は、案山子なのか人間なのかわからないくらいです。

人間だと思い、インタビューをしたら案山子だったり。案山子だと思って写真を撮ろうとしたら、人間だったりしました。


DPP_4155

こちらなんか、割と可愛い案山子ですが、手が完全にアレでした。

どうせなら手も可愛くしてほしかった。


DPP_4163

今度は、もはや案山子じゃないなこれ。

明らかにちびまる子ちゃんなのですが、かなりクオリティーが高い。

作った人を見てみると、完全に大手企業でして、そりゃこんなすごいもの作るわけですね。

個人だけでなく企業も参戦するのがこの祭のいいところで、そう低クオリティの案山子だけじゃないんです!


DPP_4160

今度は、世論を反映している案山子です。

だいぶ時代がさかのぼってしまいますが、こちらはあの議員の領収書問題があった時代です。

うん、シュールですね。


DPP_4164

今度は、アナと雪の女王ですね。

アナと雪の情報も流行りましたからねぇ。


DPP_4161

今度はハイクオリティのとなりのトトロです。

よく見たらまたアルカスコーポレーションやないか。すごい案山子というか模型は全部アルカスコーポレーションやないか。

まぁでも素人の案山子より、かなりインスタ映えしますね。


DPP_4162

そうして案山子を散策していると、何やらイベントが開催されていました。

どうやら目隠しをして、誰が一番かかしのように片足で立ってられるかという競争です。

これはかかし祭ならではのイベントですね。ちなみに小学生あたりの参加率が高く、むしろ長いこと立ち過ぎて終わりが見えない戦いもありました。




5. まとめ

DPP_4167

ということで、こちらの中田かかし祭はかなりカオスで面白いエンターテイメントでした。

中田地区では毎年、話題になった人物や世相を反映した人物を案山子にして展示しているので、そこらへんが面白いですね。

ちなみに同時期に、福岡町つくりもんまつりも開催されているので、ぜひそちらも合わせて行ってみてください。
【つくりもんまつり】福岡町の歴史ある奇祭に行ってきた



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る