何も無いのはこっちだったか。




「いやー、もううちは足りてるから」

「そうですか。またよろしくお願いします・・・」

何もないのはこっちだったか

富山を飛び出し、10年。

ぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られて、小さな会社のデスクに向かう。

こんな未来が待っているとは、あのときは思ってなかった。


午前11時の公園。

目の前には、元気に遊ぶこどもたちとそれを見守るお母さんたち。

あれから5年くらい地元には帰っていないけど、
ぼくにもこんな幼いときがあったのか。

あの町には、海があり、山があり、
田んぼでザリガニ釣りなんかしていた。

友人もいた。家族もいた。
たしか、恋人だっていた。






何も無いのはこっちだったか。


下を向くと、そこには小さな花が。




少し目を閉じてから、ぼくは立ち上がった。

お仕事の依頼はこちらまで  「お問い合わせ」

関連記事一覧