パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』の花の家に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、「おおかみこどもの雨と雪」という富山県を舞台にした映画を知っているでしょうか?

この映画のストーリーは、女子大生の「花」がオオカミ男に恋をして、すったもんだあって「花」がひとりで、オオカミ子ども二人を育てていく話です。

映画を見たことがある人ならわかりますね。

DPP_3993

そんな映画の舞台でてくる古民家「花の家」がなんと富山県の上市町にあります。

ファンの聖地と化しているらしいのですが、実際に「花の家」に行ってきました。

DPP_3994

家の近くまでは車でいくことが出来ますが、家までは車両進入禁止です。


その注意書きも、めちゃくちゃ可愛いです。

この子は「雪」という女の子の子どもなのですが、もう最高です。

こんな可愛い子が欲しいです。

DPP_3995

そうして細道を歩いていくと、古い家が現れてきました。


ちなみに、ここまでは「大岩山日石寺」から歩いて20分くらいと、結構遠いです。

でも、混んでいないであろう時間に行けば、入口までは車で行けるようだ。

DPP_3996

さて、花の家はというと。




でっか。


富山県の家は、大きな家がある割合が日本一だといいますが、その通りですね。

ちなみに、実際には、全然ふつうの人の家らしいですが、持ち主の心意気で無料開放しているとのことです。

さらに言ってしまえば、家の中は監視カメラがあるだけで誰もいませんでした。

DPP_3997

家の中には、「おおかみこどもの雨と雪」へのメッセージや似顔絵などがたくさんありました。


そして、雪の服もあります。

可愛すぎでしょ。


この畳の部屋だけで、30分は過ごせそうです。

DPP_3998

続いて、「おおかみこどもの雨と雪」のグッズや本などもありました。


てか、漫画とかもあるんですね。

絵を見ているだけで、ちょっと泣きそうになってきました。

このストーリーが切なくて、応援したくなります。

DPP_3999

台所なども再現されています。

というか、映画がこの家を再現したんだろうけど。

昔のおじいちゃんおばあちゃん家って、こんな感じだったよね。

基本的にたたみで、壁はなんか土みたいな。

冷蔵庫も台所もやたら小さいし。

DPP_4000

お風呂は、なんと木の桶です。


映画でも入浴シーン(やらしくないやつ)が出てくるのですが、そのまんまです。

こういうお風呂は初めて見たので驚きです。

こんな古い感じのお風呂だったら、夏にはホタルとか入ってきそうですね。

DPP_4001

映画では、ベットシーンではなく、布団シーン(やらしくないやつ)も出てきます。


昔の家ということで、蚊帳付きです。

個人的には刺されてもかゆくならない人間思いの蚊が、今後、生き延びていくんじゃないかな。

DPP_4002

ということで、おおかみこどもの雨と雪を見たことある人は、ぜひ訪れたいスポットですね。


結構、懐かしいシーンや感動の場面があります。

思わず、涙が流れることも。


県外の人も、ぜひ頑張って来てみてください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県中新川郡上市町浅生18
TEL 076-472-1515
OPEN 9:00-17:00
CLOSE NO CLOSE

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »