【破産申請】湯来楽 砺波店などを持つ富山の相澤建設が自己破産




砺波市のスーパー銭湯「湯来楽 砺波店」をグループ会社に持つ富山市の相澤建設が、資金繰りの悪化などを理由に4月5日に自己破産申請を富山地方裁判所に行ったことがわかりました。

当社は、1974年(昭和49年)9月に設立された総合建設業者。

建築工事を主体に、各種工事を手がけ、一部社有不動産の賃貸や建物の保守点検事業も行っていました。

2008年2月期には年売上高約34億円を計上、2020年2月期では18億円と最盛期に比べて業容は縮小するも、近時は年売上高20億円前後を維持していました。

他方、グループ会社が運営するスーパー銭湯「湯来楽 砺波店」の土地を当社で所有するほか、グループ会社の不動産開発への投資などで、年商を上回る借入金となっていたようです。

本業である建設業において一定の受注を確保していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて苦戦するグループ会社もあり資金繰りが悪化、支払いの目処がたたなくなり、今回の措置となりました。

負債は、債権者約124名に対し、当社単体で約34億円が見込まれます。

関連記事一覧