氷見市で60代男性が死亡 雪に囲まれた車内で発見




富山県内で大雪警報が出ている中、1月10日に富山県氷見市の住宅で、雪に囲まれた車の中から意識がない状態の60代の男性が見つかり、その後、死亡が確認されました。

氷見市消防本部によりますと、氷見市の住宅の敷地内でエンジンがついたままになっている車を、見回りをしていた近くの住民が見つけ、消防に通報しました。

消防によりますと、救急隊員が駆けつけた際に車内から排気ガスの臭いがしたということで、警察と消防が死因や詳しい状況などを調べることにしています。

関連記事一覧