富山の下着工場がマスク生産!あまりのブラジャー感で海外でも話題に




全国各地で新型コロナウイルスの感染が広がるなか、マスクの品薄状態を解消しようと、富山県氷見市の縫製メーカーではブラジャーの素材に用いている不織布を使ってマスクの生産を始めました。

そのマスクのあまりのブラジャー感が話題となっています。




氷見市にある縫製メーカー「あつみファッション」は、繊維を織らずに布状に加工した「不織布」を用いて、ブラジャーなど女性用下着の縫製を手がけています。

このメーカーでは全国的にマスクの品薄が続くなか、「不織布」が使い捨てのマスクに使われていることから、女性従業員がマスクへの転用を思いついたということです。


メーカーの工場では通常の業務が終わったあと、夕方からマスクを生産していて、従業員がミシンを使ってひもを縫い付ける作業などを行っています。

「あつみファッション」の日名田城宏営業部長は「マスクは品薄が続いているので、社会貢献になればという思いで作りました。せきやくしゃみで飛まつを広げないという役割は、このマスクでも十分に果たせるので、多くの人に役立ててもらいたい」と話していました。

関連記事一覧