富山のネコ連れ去り事件 猫50匹以上殺した男性がついに逮捕!




どうも、編集長のサクラです。


富山県内で飼い猫が何者かに連れ去られる被害が相次いでいる問題で、先週からニュースで話題となっていました。

そして6月13日に、富山市の無職・新村健治容疑者52歳が飼い猫1匹を盗んだ疑いで逮捕されたようです。

全国ニュースにもなっていることから知っている方も多いと思うのですが、改めて事件の詳細をまとめてみました。




事件の発端

2019年5月末までに射水市や富山市、立山町で少なくとも5件以上、ネコの連れ去りの情報が寄せられていました。

いずれの現場でも富山ナンバーの軽乗用車、白の軍手を着けた男1人が目撃されたといいます。

そこで、飼い猫がいなくなった射水市の飼い主やボランティア団体「しっぽのこころ」が、目撃情報などをもとに、猫を連れ去った可能性がある富山市内の51歳という男性宅を訪問しました。

問い詰めたところ、1年以上前から猫を連れ去って殺していたこと、その数が50~100匹に上ることを認めたといいます。




事件の動機

事件の動機については、「独り暮らしで誰とも会話できず、ストレス発散のためにやった」と説明しています。

「苦労して捕まえたのにすぐに死んでしまったら面白くない」と猫を閉じ込めていたとし、死骸は「四方の漁港などに捨てた」と話したといいます。

「警察に言われたらやばいもんだから、道路には捨てていない。やっぱり海とか、川とかそういうところです」など、ここには書けませんが、その殺害方法なども供述しています。




現在の状況

男の家からは猫の捕獲器が見つかっており、携帯電話の検索履歴には猫の虐待方法を調べたと思われるワードが残っていたことから、殺害していたことはほぼ間違いないと見られています。

警察が窃盗と動物愛護法違反の疑いで捜査しており、容疑が裏付けられ次第、逮捕されるものと見られている。

そして、52歳の男が飼い猫1匹を盗んだ疑いで6月13日に逮捕されたようです。




ツイッター情報






まとめ

かなり悲痛な事件が富山県で発生しました。

 「1人暮らしの寂しさを紛らわせるために猫を捕まえ50匹殺す」という身勝手かつ凄惨な犯罪に、ネットユーザーから「許せない。同じ目に合わせてもらいたい」「連続殺人犯と変わらない。これが窃盗罪や動物愛護法違反なんておかしすぎる」「軽い罪で出所したら、その矛先が人に向く可能性も否定できない」と怒りの声が噴出しています。

逮捕されたとしても、飼い主たちは心に傷を負うでしょう。

関連記事一覧