パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【雪と炎の祭典】宇奈月温泉雪のカーニバル たいまつ持った

真夜中のスキー場から失礼します。どうも、編集長のサクラです。


先ほども言いましたがわたしは今、富山県の宇奈月にある夜のスキー場に来ています。現在の気温は0度、死ぬ。

地面はパリッパリで、滑って転んでバク転しちゃうんじゃないかと思います。(しませんでした。)

そんなわたしは何もスキーをしに来たわけでもバク転をしに来たわけでもありません。


画像引用 「黒部めぐり」より



実は宇奈月では毎年、宇奈月温泉雪上花火大会宇奈月温泉雪のカーニバルなど、冬のイベントが盛り沢山!

なんでも2018年は黒部川開発100年記念事業ということもあり多いに盛り上がっているようです。


そうして本日は、年に一度の雪と炎の祭典!宇奈月温泉雪のカーニバルがあるということでこうしてはるばる0度の世界にやってきたのです。

駐車場から市街地までは歩いて5分ほどで、市街地に行くほど人が多くなってきました。

いったい雪のカーニバルとは何があるのでしょうか?


なにやら人混みを見てみると、なんと物騒なものをもっているのでしょうか。

みんなが持っているのは『たいまつ』

なに、どういうこと?誰か遭難したから山に行くの?


実はこれは「たいまつウォーク」というって、宇奈月公園での左義長神事をするための儀式だそうです。

しかも誰でも参加可能!

こりゃ参加するしかない!けど、そんな危ないもんもって大丈夫? 最悪、燃えたら雪の中にだいぶすれば大丈夫か。


たいまつウォーク開始の時間になると、吹奏楽のルパンの音楽とともにスタートしました。

なんかみんな冒険しにいくみたいで、めちゃくちゃ楽しそうやないか。

よくよく考えたら、今まで人生でたいまつなんか持ったことないし、この時代を考えると今後もきっとないだろう。

たいまつは先着順っぽかったので早く並ばないと!







めちゃくちゃたいまつ配ってる。


いや、何本たいまつあるんだよ。

わかんないけど、300本くらいはあったんじゃないかな。

これだけあれば最後らへんに並んでも余裕でたいまつウォークできますね。


早速、並んでみました。

先ほどは0度の極寒世界と言っていたのですが、たいまつがたくさんあるおかげかなんだか暖かいです。

スイスイたいまつを配っているので、並んでいるわりにすぐにたいまつをゲットすることができました。


(・・・たいまつ楽しい。)

なんだか火って楽しいですよね。

哺乳類で火を扱うことができるのは人間だけだそうで、腕力などがなくても火を扱い生き延びることができたのです。

だからなんでしょうか、人間の本能が騒ぐかのように火を見ると楽しくなってしまいます。


これだけ集団でたいまつを持って歩いていくと、本当にどこかに襲撃しにいくかのようですね。

弥生時代の人たちってこうやって稲を奪ってたのかな。

ちなみに子どももたいまつを持つことができるようで、わたしの後ろを歩いていた子どもなんかたいまつの位置が低過ぎて、マジで燃やされるかと思いました。

たいまつは中学生、いや高校生以上に持たすべき!


市街地を1周したあとに、最終的に宇奈月温泉公園にやってきました。

どうやら大きなクリスマスツリーのようなものに持っていたたいまつで点火するようで、最後尾過ぎて点火の瞬間に間に合いませんでした。

それどころかウォーキングを始めて、街の中腹あたりから放送で「それでは点火のカウントダウン、3・2・1、どうぞ!」という声が無情にも響いてきました。


遅れて来た人も、たいまつをどんどん槍投げのように投げています。

家に放火する人って、こんな感じなんですかね。

ちなみにたいまつウォークのあとは、たいまつを持ったスキーヤーが市街地に滑り降りて来るという迫力あるイベントもやっていました。

一体どういう歴史があるのか、クレイジーだぜ。


そうして、最後には宇奈月スキー場から花火が上がりました。

冬の宇奈月を彩る花火もまな粋ですなぁ。しかも音楽に合わせて花火がうち上がり、最後はディズニーの曲なんかだったのでディズニーランドに来たみたいなk気分になりました。

若い人が関わっているのか、選曲のセンスが感じられる。


冬の澄み切った夜空に色とりどりの花火が打ち上げられ、宇奈月温泉街に迫力ある音が響き渡ります。

花火は温泉街一円から見ることができるので、旅館に泊まっている人も簡単に見られるそう。


ということで、宇奈月温泉雪のカーニバル。

たいまつウォークなどは夜の20:00くらいから始まって、花火は20:40に始まりました。

無料で黒部ポークを使った鍋を食べることもでき、想像以上に盛り上がっているイベントでしたね。


また1月から4月の間は、毎週土曜日の20:30から花火が上がっているようなのでぜひ興味のある方は行ってみてください。

     

ADDRESS 宇奈月温泉街
TEL 0765-62-1021
花火 2018年1月6日〜4月14日までの毎週土曜日20:30~約10分間(予定)
雪のカーニバル 2018年2月3日
Parking あり

おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る