パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

富山出身の細田守監督の最新作は「未来のミライ」7月20日公開

どうも、編集長のサクラです。


富山県出身の細田守監督から最新作の制作発表がありました。

細田守監督といえば、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもとの雨と雪』『バケモノの子』と大ヒット作しかない。

特に『おおかみこどもとの雨と雪』は富山県の上市町が舞台となっており、登場人物の家が実在するなど親近感の湧いた富山県民も多いはず。
アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』の花の家に行ってきた

今回の舞台はどこなのか、一体どんな内容なのかYouTubeで予告動画が公開されているので見てみましょう。


内容は甘えん坊の男の子「くんちゃん」と、未来からやってきた妹「ミライちゃん」が繰り広げるふしぎな冒険。

タイトルの発表と共に公開された予告編を見ると、舞台となるのは日本のようですが、2人が宙に浮く姿や、くんちゃんのおしりに尻尾が生えるシーンなども確認でき、ファンタジー要素を含んだ作品になりそうです。

またホームページもすでに作成されており、細田監督のメッセージも書いてありました。
『未来のミライ ホームページ』

「家一軒と庭ひとつ。どこにでもあるたったひとつの家族を通して、生命の大きな循環、人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい。エンターテインメントの作法を用いて、新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。一見穏やかに見えて、実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。」




2018年7月20日(金)に全国ロードショーとなり、富山県民なら見に行かないって選択肢はないでしょ!


おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る