パートナー枠

フェイスブック

【にゅうぜんフラワーロード2019】チューリップを見に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、世界にある有名な道たちをいくつ思い浮かべられますか?

ユーラシア大陸といえば、シルクロード。イギリスといえば、アビイ・ロード。そして入善町といえば、「にゅうぜんフラワーロード」なのです。

ということで、2019年の情報も含めて、にゅうぜんフラワーロードについて紹介したいと思います。



目次

1. にゅうぜんフラワーロード
2. 場所
3. 開催日
4. 行ってきた
5. まとめ





1. にゅうぜんフラワーロード


画像引用 「にゅうぜんフラワーロード」より

にゅうぜんフラワーロードは、入善町の特産物であり町の花でもあるチューリップを道路沿いの田に集め、自然の中で一面に咲くさまを鑑賞してもらおうと始まったイベントです。

北アルプスを背景に咲き誇る220万本以上の色鮮やかなチューリップは、まさに自然のじゅうたんのようで訪れる人たちを感動させます。

球根生産を主体にしているため、会場観覧は無料です。

日々変化するチューリップを気軽に何度も楽しめるのも大きな魅力です。春のうららかな日に、黒部川扇状地に広がるチューリップ畑をぜひ見に来てください。




2. 場所

会場は入善町健康交流プラザ サンウェル南側周辺です。

住所
富山県下新川郡入善町上野

車の場合
入善スマートI.Cより約2分

電車の場合
入善駅前から入善町営バスのらんマイ・カーよりバス停留所「神林」下車徒歩5分






3. 開催日

2019年の開催日は以下の通り。

開催日
4月13日〜4月末

ウエルカムイベント
4月20日(土)・21日(日) 10:00~16:00
※20日(土)の9:30~オープニングセレモニーがあります

お楽しみDAY
4月27日(土)・28日(日) 10:00~16:00




4. 行ってきた


※以下の写真は以前開催されたもので、今年のものではありません。

ということで、にゅうぜんフラワーロードを通り過ぎ、チューリップ畑にやってきました。

立山連峰も綺麗で、このように写真スポットもあります。

それでは今度は畑を散策しにいってみましょう。


見てみると、にゅうぜんフラワーロードにチューリップがあるのではなく、道の横にある畑にいっぱいチューリップがあるんですね。

これは、すごいチューリップの数です。


遠くからもなんなので、チューリップに近づいてみました。

すごい鮮やかですね。

そういえば、チューリップってこんなに赤かったっけ。


今度は、いろんな色のチューリップが植えられている畑に来ました。

これはこれで綺麗ですね。一色で一面を飾るの綺麗ですし、このようないろんな色を織り交ぜるのも美しい。

こんだけ、チューリップが咲き乱れていると、チューリップ畑にダイブしたくなります。


となりにいたおばあちゃんに聞いたところこのチューリップの観覧は無料です。

さらに、日々変化するチューリップを気軽に何度でも楽しめるのが大きな魅力だそうだ。

ちなみに、ピンクが一番綺麗だった。(隣にいたおばちゃん曰く)


ちなみに2017年はライトアップイベントがあったんですが、2018年はないようですね。

あと、なんかパンフレットのチューリップの写真が気になったのでマネしてみました。







以外とできた。


5. まとめ

天気のいい日には、チューリップを見ながら散歩をし、まったりするのもいいかもしれません。

また年によって、会場が違うのでその年の風景が見られます。

ちなみに富山県には『となみチューリップフェア』もありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。
【となみチューリップフェア2019】日本一の花の祭典に行ってきた

     

ADDRESS 入善町健康交流プラザ サンウェル南側周辺
ホームページ にゅうぜんフラワーロード
OPEN いつでも
期間 2018年4月13日から4月末
Parking あり


富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る