パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠

富山県は、けが人や病人を病院に運ぶ時間が日本一!

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは、救急車に運ばれたことがあるでしょうか?

ぼくはというと、未だにその経験がなく、小学生のころは

「おれ、きのう、きゅうきゅうしゃに、はこばれちゃってさぁ。」

なんて、武勇伝のように語ってくるヤツがいて、すごくうらやましく思っていました。


今考えると、全然うらやましくもなんともないのですが、一度は乗ってみたい気もします。

DPP_4473

そんな救急車ですが、実は、富山県は平均搬送時間が日本一短いのです!


総務省消防庁の調べによると、119番を受けてから救急車がけが人や病人を病院に運び込むまでの時間が、全国平均で39分18秒なのに対し、

富山県はというと、29分54秒。

ちなみに、最長は、東京都の54分36秒でした。


富山県はその県民性から、

・救急車が来たらちゃんと道を譲る。

・医療施設が充実している。

・国道がしっかり整備されている。

などの理由が挙げられる。


いずれにしても、富山県はなにかあったときに、一番助かりやすい県でもあるということですね。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。同志社大学卒業。創刊編集長。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る