シーズン到来!ほたるいかの身投げを見に行ってきた!2016

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


春ですね。

暖かくてぽかぽかしてくると、どうしてもしたくなりますよね。




身投げを。


ぽかぽかしてくると、変質者が増えるといいます。

もしかしたらホタルイカも後から「何で身投げしたんだろう?」と後悔しているかもしれせん。

スポンサードリンク

ちなみに、情報によると2016年度のほたるいかの身投げしやすい時期は以下のようになっている。

3月9日(水曜日)
4月7日(木曜日)
5月7日(土曜日)

採れる場所は、「ホタルイカ身投げ情報 採れる場所はこの海岸と漁港だ!」を参考にしてください。

DPP_0461

そう。

富山の春の風物詩「ホタルイカの身投げ」


それが今が旬の春、富山市の海岸で新月の夜に見られるというので深夜の平日に車で行ってきました。

若干、半信半疑でしたが、11時くらいに行ってみると、早速一匹発見!

DPP_0463

おぉ!

これがホタルイカか!


すげぇー小さくて透明で可愛いなぁ。

DPP_0464

カメラを向けると、「キュエー」という叫びとともに威嚇してきた。




か、かわいい!!


しかも、砂でイイ感じに卑猥な部分にモザイクがかかっています。

こいつ・・・カメラ慣れしてやがる!?

DPP_0473

だが、可愛いからといって許されるわけではない。

さて、一匹ゲットと。


君は、ぼくの体の一部となるのだよ。


あと、第一号ということで、特別に、ぼくの下半身にある大切なモノの一部にしてあげよう。

DPP_0462

今度は岩場にホタルイカを発見。

アップで撮るとすごく綺麗な体をしているなぁ。




まったく、ヤラシイ体つきをしていやがるぜ。


よーし、今度は長靴をはいて少し奥で取ってみることにしよう!




・・・そして、12時を過ぎたころ。

DPP_0467




「ギャー!!」


なんちゅう数だよ一体!

もうホタルイカが居すぎて、無限に取れる状態に。

目をつぶって網をかけても取れちゃうよ。


若干、ホタルイカを取ることに飽きてきたので、今度はあの風景撮影に挑戦しました!

DPP_0379

ホタルイカといえば、その名のとおり光を発光する生物。


三脚をたてて、綺麗に撮影すれば、この圧巻の景色!

まさにこれは、富山県でしか見ることができない。

DPP_0468

触手の先にはそれぞれ3個の発光器がついており、何かに触れると発光するため、敵を脅すものではないかと考えられている。

なので、海岸に打ち上げられたり、何かの刺激を受けると青く発光する。


網ですくえば、そこだけめっちゃ光る。


ということで、今度はフラッシュ撮影してみましょう!

DPP_0470


・・・。


どんだけ身投げするんだよ、こいつらは。

こんなに身投げするなんて、どんなストレス社会に生きてんだよ。


浜辺は一気に、ホタルイカの死体で埋め尽くされてしまいました。


もう、ある意味R18指定だよ。

DPP_0465

結局、大量にホタルイカが取れました。

もう大量過ぎて気持ちが悪いけど、気を取り直して茹でて食べることにしよう。


見た目はアレでしたけど、ぜひ、一度は見ておきたい景色ですね。

採れる場所は、「ホタルイカ身投げ情報 採れる場所はこの海岸と漁港だ!」を参考にしてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る