【新しい生活様式とは?】富山でもこれだけは守ろう!新型コロナ対策




どうも、編集長のサクラです。


新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活は大きく変化しました。

たとえ感染者増加が収まったとしても、また新たにコロナ感染者が発生するというループを繰り返すことが有力な予想となっています。

そこで、厚生労働省が新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました。

今後はこれがスタンダードな生き方になってきますので、ぜひ皆さんも覚えて帰ってください。



目次


1. 感染防止の基本
2. 移動について
3. 日常生活の対策
4. 働き方
5. まとめ


1. 感染防止の基本

まずは1人1人が徹底する基本的な感染対策が3つあります。

・身体的距離の確保
・マスクの着用
・手洗い


身体的距離の確保

・人との間隔はできるだけ2m(最低1m)は空ける
・遊びに行くなら、屋内より屋外を選ぶ
・会話するときは、可能な限り真正面を避ける

マスクの着用

・外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

手洗い

・家に帰ったらまず手や顔を洗う。
・できるだけすぐに着替えるか、シャワーを浴びる
手洗いは30秒程度かけて水と石鹸で丁寧に洗う




2. 移動について

・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える
・帰省や旅行は控えめに、出張はやむを得ない場合に
・発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモする
・地域の感染状況に注意する




3. 日常生活の対策


買い物

・通販も利用する
・1人または少人数で空いた時間に行く
・電子決済の利用
・計画を立てて素早く済ます
・レジに並ぶときは、前後にスペース

娯楽とスポーツ

・公園は空いた時間に行く
・筋トレやヨガは自宅で動画を活用する
・ジョギングは少人数でする
・すれ違うときは距離を取る
・狭い部屋での長居は避ける
・歌や応援は、十分な距離かオンラインを活用

公共交通機関

・会話は控えめにする
・混んでる時間帯はできるだけ避ける
・徒歩や自転車利用も併用する

食事

・持ち帰りや出前(デリバリー)を活用する
・野外空間で食べる
・大皿は避けて、料理は個々に食べる
・対面ではなく横並びで座ろう
・グラスなどの回し飲みは避ける

冠婚葬祭

・大人数での会食は避ける
・発熱などの症状がある場合は参加しない




4. 働き方

・テレワークやローテーション勤務する
・時差通勤する
・オフィスは広く使う
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打ち合わせは換気とマスクをする




5. まとめ

ということで、コロナでいろいろ大変かと思いますが、難しいことはないので新しい生活様式を実践していきましょう!

コロナに負けるな!

関連記事一覧