【富山横丁】桜木町に複数店舗の料理が味わえる施設が9月オープン予定




どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山で複数の料理が楽しめる横丁スタイルの飲食店が増えればいいと思ったことありませんか?

居酒屋などをハシゴする人なんかは、このスタイルが好きなんですよね。

そんな横丁ですが、実は、富山市桜木町に『富山横丁(仮)』という飲食施設が2019年9月にオープン予定なんです!

一体どのような施設なのか、情報をまとめてみました。

目次

1. 富山横丁(仮)とは
2. 場所
3. 営業時間
4. 出店者募集中
5. まとめ





富山横丁(仮)とは


画像引用 「板さん.com」より

富山横丁(仮)が一体どこからでてきたのかというと、東京の「アスラボ」という企業が整備します。

こちらの企業は、料理人の起業支援を目的に全国各地で同様の施設を展開しており、富山が6カ所目となります。

・料理人の起業を応援する場所
・富山の魅力を発信する場所
・同志と共に成長できる場所

として、地域活性化を目指しています。

システム的には、時間帯別に出店者が厨房を共有する「シェアリングキッチン制」を導入し、県産食材を使った多彩なメニューの提供をする予定です。




2. 場所

住所
富山県富山市桜木町12

電車の場合
富山駅」から徒歩10分
富山地方鉄道 富山都心線荒町駅より徒歩5分

車の場合
北陸自動車道「富山インター」から15分






3. 営業時間

オープン日
2019年9月予定

営業時間
7:00~10:00、11:00~15:00、17:30〜24:00(仮)
朝、昼、夜5店舗ずつ、最大15店舗を誘致予定

定休日
なし




4. 出店者募集中

現在、出店者を募集しているようで、4月22日、4月23日、5月7日に富山県教育文化会館で出店者向け説明会が行われます。

参加申し込みは同社ホームページの専用サイトで受け付けています。

施設は2階建てで延べ195平方メートルで、120席を予定しており、朝、昼、夜でそれぞれ5店、計15店の出店者を募り、時間帯で業態を変化させます。

シェアリングキッチン制にすることで、厨房機器の購入など出店者の初期投資を抑え、起業しやすい環境を整えられています。

専用サイト




5. まとめ

ということで、富山県にはすでに「あまよっと横丁」がありますが、これはこれでライバルになるんですかね。

どちらにせよ富山に新しい風が吹くのはいいことです。

また情報がいろいろ出てきましたら更新していきますね。

関連記事一覧