パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【カウントダウン情報】2018年富山県内のイベントまとめ

どうも、編集長のサクラです。


早いものでもう1年が終わろうとしています。

ちょっと早すぎません?時間感覚みんなと一緒ですか?おっかしぃなぁ、ちょっと前まで精子だった気がするのに。

そんな1年の締めくくりと言えば、『カウントダウンイベント』です。

たいていの人は家でゆっくり年を越すかと思いますが、外で過ごす年越しもまた一興。海で花火もまた楽し。

ということで、本日は富山県内で行なわれるカウントダウンイベントをご紹介します。


北日本新聞カウントダウン花火2018


「とやまスノーピアード」事業の一環として毎年開催される年末恒例イベント。

富山市の中心部にある富山城址公園で、新年の瞬間と同時に音楽とダイナミックな色とりどりの花火が打ち上げられ、新年の幕開けを盛大にお祝いします。

ちょうどここらへんはイルミネーションもしているのでカップルとかいいですね。
富山駅前のホワイトイルミネーションがすごい!1人で探索してきた

こちらはYou Tubeに上がっていた動画

なかなかの迫力ですね。

     

会場 富山城址公園南側広場
日時 2017年12月31日23:59~2018年1月1日00:07
料金 無料
Parking 有料あり



アストラル カウントダウンパーティー2018



画像引用 「スカイバー アストラル」より

毎年、富山城址公園で開催されるカウントダウン花火大会。

そのダイナミックな美しさを特等席で楽しめる優雅な立食パーティが行なわれます。

大切な方たちと一緒に大人の年越しの瞬間をお迎えください。

     

会場 ANAクラウンホテル スカイバー アストラル
日時 2017年12月31日23:30~2018年1月1日01:00
料金 1名 6000円(予約がおすすめ!)
Parking 有料あり



CROSSLAND HAPPY NEW YEAR PARTY 2018



画像引用 「クロスランド小矢部公式HP」より

花火を見ながら新年を迎える小矢部市恒例のイベント。

新年を記念しての花火やクロスランドタワーの特別営業を行います。

花火をタワー展望フロアで楽しめる100枚限定特別チケットを発売しており、特別席で新年を迎えられそう。

来場者みんなで一緒にカウントダウンして新年のスタートを迎えましょう!

     

会場 クロスランドタワー
日時 2017年12月31日23:00~2018年1月1日02:00
料金 100枚限定特別チケット 1,000円 ※3歳以上チケット必要
Parking あり



IOX-AROSAカウントダウン2018



画像引用 「IOX-AROSAスキー場」より

IOX-AROSAスキー場では新年を祝うカウントダウンイベント。

夜空を彩る花火は、白銀のゲレンデをもカラフルにライトアップし、音楽と花火のコラボは、素敵な年の幕開けを約束してくれます。

またカップルシートという貸し切りゴンドラもあり、ロマンチックな夜を大切な人とお過ごしください。

今年も花火とともに華やかな新年の幕開けを!

<タイムスケジュール>
21:00 カップルシート スタート
21:50 ゴンドラ遊覧運行(有料) 限定100組
23:45 松明滑走
0:00 花火

     

会場 IOX-AROSAスキー場
日時 2017年12月31日21:00~2018年1月1日0:00花火
料金 2名 3,000円 ゴンドラ・ドリンク・マラン部屋
Parking あり



MAIRO Minority COUNTDOWN PARTY2018



画像引用 「mairo」より

パリピなカウントダウンを過ごしたいならここ。

MAIROは収容人数は500人、ステージの高さは70cmほどであり富山の有名なDJたちがクラブミュージックで盛り上げてくれます。

レッドブルをウォッカで割って朝まで楽しもう!

     

会場 Club MAIRO、Minority
日時 2017年12月31日21:00~
料金 2,000円 1drink
(22:00までに来場でwith 4drink)
Parking 有料あり



ということで、私はというと年越しは家でテレビ見ながら毎年ストロングゼロ飲んでます。

これかなり中毒性があって、もはや哲学なんですよね。

こんな記事を書いておいてアレですけど、家が一番だなぁ・・・ではっ!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »