個性豊かな雑貨がたくさん!民家のような「蜂の巣」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


高岡市にものすごい大きな蜂の巣があると聞き、やってきました。

スポンサードリンク

普段は、虫が大嫌いなぼくですが

大きな蜂の巣なら100mくらい離れても見れるんじゃないか?


いや、待て。

そんなに大きな蜂の巣なら、蜂自体も人間くらいの大きさなんじゃないか!?

DPP_2202

そんな恐怖の抱えながら、蜂の巣へやってきました。


親切にも、看板がありました。

ここは観光名所ですか?


蜂の巣だけあって、高岡のかなりの町はずれの民家地帯にありました。

DPP_2203

こ、ここに大きな蜂の巣があるのか・・・。


一見、温泉がありそうな民家ですね。

マジで、ただの民家みたいだけど、勝手に入って大丈夫か!?


しかし、大きな蜂の巣を見るために、勇気を振り絞り、民家の中へ。




おじゃましまーす。

DPP_2204

「はーい。いらっしゃい。」


よかった。

一応、人がいました。

富山のお店や観光名所は、だいたい人がいないので、ぼくはいつもドキドキします。


それどころか、ここは何かのお店らしい。

DPP_2205

玄関すぐにあるお店は、「あ・うん」といって

代官山・かまわぬの日本てぬぐいを中心に和雑貨・和食器などが置かれていた。


なんか名前がちょっとヤラシイですね。

そう思うのは、ぼくだけでしょうが。

DPP_2206

続いて、玄関右手には「un38」という美容院がありました。


うおっ!?

いきなり美容院が現れたよ。

てか、なんだこの民家は。


ファボーレかよ。

DPP_2207

そんな美容院の隣には、「2up」というベビー雑貨がありました。


雑な「2up」やなぁ。

マリオでも一気に2upできないのに。

DPP_2208

みなさんはもう忘れているかもしれませんが

ぼくは大きな蜂の巣を見に来たのです。


ぼくはベビーグッズを見に来たわけではありません。

誰がベビーですか。

DPP_2209

大きな蜂の巣を求め、ぼくは民家の奥へ進んでいった。

すると、今度は「生活館カフェ」という喫茶店が現れた。


いっぷくしてかれって。

なにこの民家。


家族経営かよ。

DPP_2210

まぁ、とりあえずコーヒーでも飲むかね。


店内は、すごいレトロ感で、昭和の家みたいだ。

てか普通の民家みたい。

じゃなくて、ここ民家やから合ってるやん!


民家である事を思わず忘れてしまいました。

DPP_2212

今度は、アクセサリー雑貨「WWW(ダブダブダブ)」がありました。

絶対、ここはお姉さんの経営だな。


しかし、急にオシャレな空間になりました。

DPP_2213

本物のお花を加工したり、樹脂を使って手作りのオリジナルアクセサリーを製作している。

オーダーメイドももちろん可能!

こういう店大好きです!

このお店のお姉さんと付き合いたいです!


もう、お姉さんならみんな大好きです!

DPP_2214

続いて、「御伽屋」というビーズや金属アクセサリー、レザーのお店です。


もうなんすかね。

民家の中にお店が密集しています。

たぶん

「あ・うん」がお母さんで
「生活館カフェ」がお父さんで
「御伽屋」がお兄ちゃんで
「WWW」がお姉ちゃん
「un38」が妹さんで
「2up」がタラちゃんだな。

DPP_2215

ぼくももう堪忍袋の緒が切れました。


「御伽屋」のお店の人に、大きな蜂の巣はどこにあるのか聞いてみることに。

もうプンスカプンだわ!

すると、お店の人が思わぬ回答をしてきた。


「この民家の名前が『蜂の巣』なのよ。だから、大きな蜂の巣ってこの民家のことじゃないかしら?




なんてこったい!!!

DPP_2211

どうやら大きな蜂の巣とは、この雑貨屋などが密集した民家の名前だったのです!


知ってましたけど。


一応、リアルな蜂の巣もありました。

ぜひ、高岡のイオンにはない、一味違った商品が売られているので、寄ってみるのも良いでしょう。

ちなみに近くに、ドラえもんのあの空き地がある「高岡おとぎの森公園」もあるので、そちらの記事もどうぞ。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県高岡市東藤平蔵313‎
TEL 0766-63-5048
OPEN 11:00〜19:00
CLOSE 木曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る